バロウズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バロウズ

1987年1月24日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1953年に発表された小説『ジャンキー』で自らの体験に基づく麻薬中毒者の切迫した感覚世界を描いたウィリアム・S・バロウズのドキュメンタリー。製作はハワード・ブルックナーとアラン・イェントブ、監督はハワード・ブルックナー、撮影はトム・ディチロ、リチャード・L・キャンプ、ジェイムズ・リボヴッツ、ハワード・ブルックナー、キャシー・ドロシー、ラリー・シューが担当。出演はウィリアム・S・バロウズ、アレン・ギンズバーグ、フランシス・ベーコンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

70歳の誕生日を迎えたバロウズは幼少の時から波乱に富んだ生活を送っている。1914年、セントルイスに生まれたバロウズは、子ども心に作家になりたいと思い、タンジールでハシシをやり、メイフェアでコカインをやり、そんな破滅的な生活に魅力を感じていた。彼は語る。「子どもの頃、暗闇が怖かった。特に夜1人でいるのが怖くて、誰かといたかった。15歳の時、療養のためロス・アラモス・ランチ校へ入った。のちに原爆がつくられたところだ。そこでボーイスカウトされ、同窓のある少年に恋をした。ハーバード卒業後、6カ月ウィーンで医学の勉強をした。戦争がはじまった時だ。軍隊は6カ月で除隊となった」「作家にならなかったら医者になっていた」……さらに映画は、ドラッグとのかかわり、女たちをくどく方法や、アレン・ギンズバーグ、テリー・サウザンが語るバロウズ論、さらに38口径の安物の銃で起こした事件やメキシコで書いた小説「ジャンキー」のことなどバロウズの周辺を細かく探ってゆく。

作品データ

原題
Burroughs
製作年
1984年
製作国
アメリカ
配給
ネットワーク
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?