巴里の女性:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
巴里の女性
巴里の女性

巴里の女性

2003年6月14日公開,81分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

チャールズ・チャップリンが原作・脚色・監督をした社会劇。主役にエドナ・パーヴィアンス、共演者に『世界の喝采』『風雲のゼンダ城』のアドルフ・マンジュウ、カール・ミラーほか。1976年新たに音楽を付け加えた再編集版を公開。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

両親に交際を反対され、駆け落ちをしようとしたジャンとマリー。ところがその日、ジャンの父親が倒れ、夢は叶わなかった。1年後、高級娼婦となったマリーは、偶然にジャンと再会。ところがジャンは将来に絶望し、自殺してしまう。

作品データ

原題
A Woman of Paris
製作年
1923年
製作国
アメリカ
配給
ユナイテッド支社
上映時間
81分
製作会社
ユナイテッド・アーチスツ映画

[c]Roy Export Company Establishment [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?