くじらびと|MOVIE WALKER PRESS
MENU

くじらびと

2021年9月3日公開,113分
PG12

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

インドネシア・ラマレラ村の鯨の銛打ち漁師たちを撮影したドキュメンタリー。30年という長い時間をかけて彼らと信頼関係を築き、2017年から2019年までの3年間に撮影した映像を本作に結実。世界で初めてラマレラの鯨漁の空撮と水中撮影に成功した。監督は、「世界でいちばん美しい村」の石川梵。

予告編・関連動画

くじらびと

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

インドネシアの人口1500人の小さな村、ラマレラ村。“太陽の土地”を意味するこの村の住民は、互いの和を最も大切なものとし、自然の恵に感謝の祈りをささげ、言い伝えを守りながら生活をしている。中でも、クジラの銛打ち漁師たちはラマファと呼ばれ、最も尊敬されている。1年間に10頭獲れれば、村人全員が暮らしていける。死と隣り合わせのクジラ漁で、彼らは銛1本で巨大なマッコウクジラに挑む。彼らの姿を見た子供たちは、自分もラマファになりたいと夢見る。ラマレラの人々は、こうして400年間暮らしてきた。2018年、ラマファのベンジャミンが漁の最中に命を落とした。家族も村民も深い悲しみに暮れるが、ベンジャミンの父で舟作りの名人・イグナシウスは、バラバラになりそうな家族の結束の象徴として、伝統の鯨舟を作り直すことを決心する。1年後、彼らの新しい舟は、クジラを目指して大海に漕ぎ出す……。

作品データ

映倫区分
PG12
配給
アンプラグド
上映時間
113分

[c]Bon Ishikawa 2021 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    KUBO

    4.0
    1ヶ月前

    あんなに海が赤く染まるなんて知らなかった。

    今日はドキュメンタリーの日。夜は『くじらびと』MOVIE WALKER PRESS独占試写会。
    インドネシアで、今も銛一本でクジラを獲る男たちの3年間の記録だ。

    小さなボート程度の船で、船よりもずっと大きいクジラを獲る。しかも銛一本で、だ。日本だったら江戸時代以前か? 同じ21世紀の世界とは思えない。ラマレラ村のこの鯨漁は400年続くということだから、日本古来の捕鯨に通じる伝統文化だ。

    そのクジラ漁を記録した映像の迫力がすごい! 透明度が高いから、船の下を進むクジラの姿がハッキリ見えるのだが、船より大きいクジラが近くにきたタイミングで、銛を持った男は船の舳からクジラへとダイブして銛を突き刺す! この映像のリアリティがすごい! その迫力に思わず声が出た。

    このインドネシア、レンバタ島のラマレラ村では農作物はほとんど穫れず、漁だけが村人の食を支えている。

    伝統の鯨漁は、滅多にクジラにはお目にかかれず、たいていはマンタやジンベイザメなどを獲っている。クジラに出会えればラッキー。クジラは年に10頭捕れれば村人は飢えずに済むと言う。

    「(鯨に)あなたの命をください。あなたの命が村全員の飢えを救います」

    鯨は神聖なもの。村人にとって神に近いものなのだ。

    海岸に横たわったクジラをキレイに切り分けていく手慣れた作業には感嘆する。鯨肉は干してジャーキーに、脂身は鯨油に、村人は骨以外、クジラを全て無駄なく役立てる。

    鯨肉は島の農村部の民との物々交換で大人気で、バナナなどと高いレートで交換できる。まだ電気もないラマレラ村では鯨油ランプは夜の必需品だ。

    私のような、かつて給食で鯨肉を食べてた人間には素晴らしい伝統だとも思えるが、絶命するまで何本もの銛を突き出され、海を真っ赤に染めて死にゆく鯨を、オーストリアとか反捕鯨の人たちが見たらどう思うかなぁ? きっと怒り出すか、嫌悪するかもしれない。

    だが、この、まさに命懸けの鯨漁で、ラマレラの民は死者も出している。このドキュメンタリーを撮影している中で、1人の若者が命を落としているのだ。

    また、ラマレラの民は村人が食べるために必要なだけしか漁をしない。お金のために乱獲などしていないのだ。資本主義経済以前の「食べるため」だけに獲るという古来の生き方がそのまま続いているのだ。

    「銛を投げる時にはクジラの目を見てはいけない」

    この死にゆく鯨の瞳のアップは印象的だ。

    写真家「石川梵」が30年前から取材に入ったインドネシアのラマレラ村で、3年間密着してついに撮影した圧倒的迫力の鯨漁は、水中撮影とドローンによる空撮も駆使して、見たことのない臨場感バツグンの映像体験を我々に与えてくれる。

    『くじらびと』、すごいドキュメンタリーだった。

    違反報告