ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン
ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン

ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン

2021年12月3日公開,99分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジャズ界最高のカリスマと称されるサックス・プレイヤー、ジョン・コルトレーンの短くも求道的な人生をたどるドキュメンタリー。数々の名盤を作り出していく様子や、彼に影響を受けたアーティスト等の証言を交え、家族やプライベートについても切り込んでゆく。監督は「PEACE BED アメリカVSジョン・レノン」のジョン・シャインフェルド。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

モダンジャズを代表するサックス・プレイヤー、ジョン・コルトレーン。1946年にプロとしてのキャリアをスタートするが、最初の10年弱は無名で陽の目を見ず、なかなかレコーディングの機会に恵まれなかった。だが1955年、マイルス・デイヴィスのグループに抜擢されたことにより、その名がジャズ界に知れ渡るようになる。ところが、当時の彼の演奏は粗削りな部分が多く、評判は芳しいものではなかった。その才能が覚醒したのは1957年。初期の代表作『ブルー・トレイン』やピアニストのセロニアス・モンクとの共演を経て、“シーツ・オブ・サウンド”と呼ばれた独自の奏法を確立。そして、そこからの10年間で『ジャイアント・ステップス』、『バラード』、『至上の愛』など、ジャズ・シーンに燦然と輝く数々の名盤を発表。1966年7月には来日公演が行われた。しかし1967年7月、肝臓癌により40歳の若さで急逝。本編では、不遇なキャリア初期、薬とアルコール依存症から脱却し才能を開花させた1957年、そして数々の名盤を作り出していく様子を、その作品に影響をうけたアーティスト等の証言をもとに紹介するとともに、これまであまり知られることのなかった彼の家族やプライベートについても描かれる。

作品データ

原題
CHASING TRANE: THE JOHN COLTRANE DOCUMENTARY
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
Eastworld Entertainment=カルチャヴィル
上映時間
99分

[c]キネマ旬報社

  • ソウルブラザーNO1
    ソウルブラザーNO1
    5.0
    1ヶ月前

    聖者が帰ってきた。

    違反報告