ヨナグニ 旅立ちの島|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ヨナグニ 旅立ちの島
ヨナグニ 旅立ちの島

ヨナグニ 旅立ちの島

2022年5月7日公開,78分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

沖縄県与那国島には高校がなく、子供たちは中学卒業とともに島を離れることになる。豊かな自然と伝統に彩られた「国境の島」に生き、やがて故郷を去る中学3年生たちの1年に、授業や部活、放課後を通して密着したドキュメンタリー。欧州の気鋭の監督アヌシュ・ハムゼヒアンとヴィットーリオ・モルタロッティは、人口1500人ほどの島で今や300人ほどしか話せなくなった島の言葉「どぅなん」に着目。言語を保存することや、その消失を撮影することは、アイデンティティの混乱と戦うことを意味し、必要不可欠な行為だとして、子供たちの人生の一時に寄り添った。2021年東京映画祭長編部門ノミネート。新宿K’s cinema、吉祥寺アップリンク他で全国順次ロードショーされる「沖縄本土復帰50周年映画特集」で、「ばちらぬん」と共に上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

日本最西端に位置する国境の島、与那国島。人口は約1500人、面積28.88平方kmの小さな島ながら、黒潮の激流が造り上げた壮大な自然と文化が色濃く息づく。主な産業は漁業や農業で、祖納(そない)・比川(ひがわ)・久部良(くぶら)の3つの集落がある。琉球王朝と南方文化の影響を受けた文化芸能は、ハーリー祭、豊年祭、金比羅祭などがあり、島の人々によって受け継がれている。島の言葉は「どぅなん」や「どぅなんむぬい」という。だが女子中学生の一人は語る。私たちはその言葉のほとんどを忘れてしまいました……。島には高校がなく、中学を卒業すると、彼らはこの島を出て行ってしまう。

作品データ

原題
YONAGUNI
製作年
2021年
製作国
フランス
配給
ムーリンプロダクション
上映時間
78分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?