ウォーハント 魔界戦線:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ウォーハント 魔界戦線

ウォーハント 魔界戦線

2022年5月27日公開,93分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ミッキー・ローク主演で贈る戦慄のアクション・ホラー大作。第2次大戦末期、墜落した輸送機を捜索するためドイツの暗い森に踏み込んだアメリカ兵たち。だが、その戦場には呪われた“何か”が潜んでいた。生存者の捜索と機密文書を追う兵士たちが遭遇する極限の恐怖を描く。出演は『プリズン・ブレイク』シリーズの“ティーバッグ”役が印象に残るロバート・ネッパー。『トワイライト』サーガのジャクソン・ラスボーン。ミッキー・ロークは米軍のジョンソン少佐を演じた。監督は「ウェズリー・スナイプス/コンタクト」のマウロ・ボレッリ。不気味なカラスの大群や、神出鬼没に次々と姿を変える呪霊を描くハイクオリティなVFXも見所。

予告編・関連動画

第2次大戦末期、米兵たちが呪われた“何か”と対峙するホラー『ウォーハント 魔界戦線』

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1945年、連合軍の輸送機がドイツの森林地帯に墜落した。米軍のジョンソン少佐(ミッキー・ローク)は直ちにブリューワー軍曹(ロバート・ネッパー)、特務兵のウォルシュ(ジャクソン・ラスボーン)らを捜索に向かわせる。彼らは森の奥深くで墜落機の残骸を発見するが、奇怪な事態が起き始める。絞首刑に処せられたナチス兵士が木の上に連なり、古代の魔術のサインが付された死体に遭遇する。やがて、兵士たちは幻覚を見るようになり、美しい女の呪霊に誘惑されて狂気に囚われてゆく。殺し合いがはじまり、次々と命を落としてゆく兵士たち。果たして、その森には“何が”いるのか?

作品データ

原題
WARHUNT
映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
アメリカ
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
93分
製作会社
Forma Pro Films=Berkeley Media GroupLimited=Fotocomics Productions=Atomik Content

[c]2021 OU WARHUNT FILMS. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?