ブギーマン(1982):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ブギーマン(1982)
ブギーマン(1982)

ブギーマン(1982)

1982年5月22日公開,92分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

万聖節の前夜、不死身のブギーマンが連続殺人を犯すという恐怖映画。78年に30万ドルで製作され、1850万ドルを稼いだ「ハロウィン」の続編に当る。「砂漠のライオン」を監督したムスタファ・アッカドが前作に続いて提供、前回の監督ジョン・カーペンターがデブラ・ヒルと共同で製作に当たり脚本も執筆している。製作総指揮は前作に続いてアーウィン・ヤブランスがジョセフ・ウルフと共に担当。監督は新人リック・ローゼンタール、撮影はディーン・カンディ、音楽はジョン・カーペンターがアラン・ハワースの協力を得て手掛けている。出演は前作に続くジェイミー・リー・カーティス、ドナルド・プレザンス、チャールズ・サイファースのほか、ジェフリー・クレイマー、ディック・ワーロックなど。

マスクの奥に隠された、“進化した恐怖”の正体を暴け!『ハロウィン KILLS』特集

マスクの奥に隠された、“進化した恐怖”の正体を暴け!『ハロウィン KILLS』特集 PR

全米で約1億6000万ドルを叩きだした『ハロウィン』(18)の続編となる『ハロウィン KILLS』が、10月29日(金)より公開。前作をはるかに上回るスケールでブギーマンことマイケル・マイヤーズとの死闘が描かれる本作で、物語はついに彼の正体に迫り、新たな展開を迎える。本特集では様々な角度から、マスクの奥に隠された“進化した恐怖”に迫る!

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イリノイ州ハドンフィールド。1978年の万聖節の前夜。6歳の時に姉を惨殺したマイケル・マイヤーズが、15年たった今、精神病院から脱走し3人を虐殺。ローリー(ジェイミー・リー・カーティス)はあやうい所を、病院の担当医サム・ルーミス(ドナルド・プレザンス)に救われる。銃弾を雨のようにあびたマイケルは2階から落下。だが、いつの間にか、彼は消えていた。彼は万聖節に現われるという怪物ブギーマンだったのだろうか。ショックを受けたローリーは病院へ運び込まれる。彼女を追って正体不明の物体=ザ・シェイブ(ディック・ワーロック)も病院へ向かう。その途中で数人を惨殺。サムは物体がほんとうに死亡したのか確認したいと主張し、リー・ブラケット保安官(チャールズ・サイファース)を動かして捜査を続行させる。病院に侵入した物体は、守衛、救急車運転手、看護婦を殺害。ローリーは傷ついた身体で逃げ廻る。ローリーの安全を気にかけていた救急車運転手ジミー(ランス・ゲート)もやられてしまう。サムや警官も病院にやって来たが物体は不死身だ。ついにガスを部屋中に充満させ、サムが我が身を犠牲にして暴発させる。物体は火だるまになって倒れた。が、彼はほんとうに死んだのだろうか…。

作品データ

原題
Halloween II
製作年
1982年
製作国
アメリカ
配給
東映ユニバースフィルム
上映時間
92分
製作会社
ジョン・カーペンター/デブラ・ヒル・プロ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?