ミーン・ストリート|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ミーン・ストリート

1980年11月1日公開,110分
  • 上映館を探す

ニューヨークを舞台にそれぞれに青春を爆発させる若者たちの孤独、友情、挫折等を描く。製作総指揮はE・リー・ぺリー、製作はジョナサン・タプリン、監督は「ニューヨーク・ニューヨーク」のマーティン・スコセッシ、脚本はマーティン・スコセッシとマルディク・マーティン、撮影はケント・ウェイクフォード、音楽はドン・ジョンソン(2)、編集はシド・レヴィンが各々担当。出演はロバート・デ・ニーロ、ハーヴェイ・カイテル、デイヴィッド・プローバル、エイミー・ロビンソン、リチャード・ロマナス、チェザーレ・ダノヴァ、ヴィクター・アルゴ、ロバート・キャラダイン、ジェニー・ベル、デミッキ・デイヴィスなど。日本語版監修は戸田奈津子。カラー、ビスタサイズ。1973年作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークで生まれ育ったチャーリー(ハーヴェイ・カイテル)は、父親を亡くし、母と2人で暮らす27歳の若者だ。彼は定職を持たず、叔父ジョバンニ(チェザーレ・ダノヴァ)がやっている会社の手伝いをしながら、トニー(デイヴィッド・プローバル)が経営するバーに入りびたっているという生活を送っていた。チャーリーにはジョニー・ボーイ(ロバート・デ・ニーロ)という親友がいたが、彼も又、気ままな毎日を望み、僅かな給料も酒や女やバクチに使い果たされていた。高利貸しのマイケル(リチャード・ロマナス)は、そんな彼に金を貸したために、いつもとりたてに彼を追い回していた。チャーリーの叔父ジョバンニは、ニューヨークの一角ではボス的な人物であったが、チャーリーが、ジョニーとつき合うことを心良くは思っていなかった。ある時、ジョバンニは、自分が経営することになった一流イタリア料理店をチャーリーにまかせようとそのことを彼に告げた。出世のチャンスに喜ぶチャーリーだったが、そのかわりにジョニーや、恋人のテレサ(エイミー・ロビンソン)と手を切ることを条件に出され葛藤する。相変わらずジョニーやトニーたちと親交をかわすチャーリーだったが、ジョニーは、ある夜、アパートの屋上に登り、眼下にダイナマイトを爆発させるという無暴なことをする。さらに借金がたまったジョニーは、チャーリーに用立てをし、仕方なしにチャーリーは有り金をすべてジョニーに渡した。しかし、事もあろうにその金をも酒に使ってしまうジョニー。わずかな金だけマイケルに返すが、その金をマイケルが燃やしてしまったことからジョニーは彼に銃口を向けた。その場は仕方なしに退散するマイケル。しばらくの間、町から去った方がいいと考えたチャーリーは、ジョニーとテレサを連れて町を発った。3人を乗せた車がサン・ジェロナの祭りに湧く町を抜け、ブルックリン・ブリッジを渡り終えた時、猛スピードで追跡してきた車から銃口が向けられた。マイケルと彼の手下の殺し屋だ。鮮血に染まった車は、そのまま歩道の消火栓に激突し、チャーリーは車の中から転がり出た。すべてが空しく終わり、後には夜の無表情の町が冷たく在るだけだった。(ワーナー・ブラザース映画配給*1時間55分)

作品データ

原題
Mean Streets
製作年
1973年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
110分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8
  • いくっち

    3
    2009/1/14

    自分の生き方が見つけられずに悪循環スパイラルに陥る青春群像。
    目先のことしか考えない(若者らしいっちゃらしいんだが)ジョニーボーイ(デ・ニーロ)よりもチャーリー(ハーベイカイテル)目線で見てしまうのは私が年を取ったということなんでしょうねえ。

    映画そのものより、スコセッシ&デ・ニーロ&ハーベイ・カイテルの若かりし頃の作品ということでの★3つ。

    (デ・ニーロを若い頃から追っかけよう企画で見ています。)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告