旅愁(1950)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

旅愁(1950)

1950年公開,104分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

イタリイを舞台にした恋愛メロドラマ1950年作品で、製作は「欲望の砂漠」のハル・B・ウォリス、監督は「ジェニーの肖像」のウィリアム・ディーターレ。フリッツ・ロッターの原作より「別働隊」のロバート・ソーレンが脚色、撮影は「囁きの木陰」のチャールズ・ラング・ジュニア、欧州ロケの撮影は「殺人幻想曲」のヴィクター・ミルナー、作曲は「テキサス決死隊(1949)」のヴィクター・ヤングの担当。主演は「白昼の決闘」のジョセフ・コットンと「レベッカ」のジョーン・フォンテーンの初顔合せで、「女だけの都」「宝石館」などのフランソワーズ・ロゼエ(アメリカ映画初出演)、「モナリザの微笑」のジェシカ・タンディ、「頭上の敵機」のロバート・アーサー、ジミー・リンドンらが助演。なお、主題歌「セプテンバー・ソング」は10年前のブロードウェイ・ショウのヒット・ソングで、故ウォルター・ヒューストンの吹き込み。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イタリイから米国へ向かう旅客機に、若いピアニスト、マニナ・スチュアート(ジョーン・フォンテーン)と紐育の技師デイヴィッド・ローレンス(ジョセフ・コットン)が乗り合わせた。マニナはコンサートの契約で、デイヴィッドは妻キャサリン(ジェシカ・タンディ)と離婚するために帰るところだった。だが機が故障を起こしてナポリに不時着した。マニナとデイヴィッドは昼食をとりに町へ出、帰ってみると機は出発してしまっていた。2人は数日間ポンペイとキャプリ島に旅行することにした。キャプリ滞在中、2人の友情は恋に発展していった。そして2人はあの旅客機が墜落し乗客は2人を含めすべて死んだと報告されたことを知った。デイヴィッドとマニナの新しい生活がこのときから始まった。マニナのピアノ教師であり親友であるマリヤ・サルヴァティニ(フランソワーズ・ロゼエ)1人だけがこの2人の恋に忠告をするのだった。その頃デイヴィッドの妻が息子と一緒にイタリイに来て真相を知った。キャザリンはまだ夫を愛してはいたが、夫の新しい幸福をそのままに、アメリカへ帰った。デイヴィッドは、この生活を幸福と思いながらも、いつしか無意識のうちに仕事に憧れ、息子を思ってやまなかった。やがてデイヴィッドとマニナも渡米し、マニナの演奏会は大成功だった。だが彼女は今の生活が真実のものでないことに気づき、南米への演奏旅行に1人旅立っていくのだった。

作品データ

原題
September Affair
製作年
1950年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント日本支社
上映時間
104分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?