劇場版『Fate[HF]』が三部作すべてで初登場1位達成!『今日俺』は累計興収40億円を突破!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/8/19 23:15

劇場版『Fate[HF]』が三部作すべてで初登場1位達成!『今日俺』は累計興収40億円を突破!

お盆休みとなった8月15・16日の週末映画動員ランキング。前週に続いてトップが入れ替わるなど、フレッシュな結果となった。

劇場版『Fate/stay night[Heaven's Feel]』第三章が前作超えで初登場1位に

劇場版『Fate/stay night[Heaven's Feel]Ⅲ.spring song』が土日2日間で動員27万人、興収4億7500万円をあげ、初登場1位を獲得。これにより、2017年公開の第一章、2019年公開の第二章とともに、三部作すべての週末ランキング初登場1位が実現した。公開初日の15日には、すべての上映回が完売となった劇場も続出し、全国での動員は16万8000人を記録。この数字は第二章の16万4000人、第一章の15万5000人を超える過去最高の結果となる。この大ヒットを記念して、今週末の22日(土)には舞台挨拶特別興行ライブビューイングも実施される予定だ。

劇場版『Fate/stay night[Heaven's Feel]Ⅲ.spring song』が初登場1位
劇場版『Fate/stay night[Heaven's Feel]Ⅲ.spring song』が初登場1位[c]TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

このほか新作では、大人気ロードレース漫画を実写化した『弱虫ペダル』が動員10万5000人、興収1億3800万円をあげ5位に。続いて、「ストロボ・エッジ」「アオハライド」など作品が次々と実写化される咲坂伊緒の同名コミックが原作の『思い、思われ、ふり、ふられ』は6位、子どもに大人気の「おしりたんてい」の映画化第2弾ほか4作品が楽しめる『東映まんがまつり』も9位でトップ10入り。また、最新作『TENET テネット』の公開が控えるクリストファー・ノーラン監督の『インセプション』(10)のリバイバル上映も10位にランクインしている。

『弱虫ペダル』は5位でランクイン
『弱虫ペダル』は5位でランクイン[c]2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 [c]渡辺航(秋田書店)2008

『今日から俺は!!劇場版』が興収40億円を突破!

既存作品では、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』が動員23万人、興収2億8600万円で2位となり、累計では早くも動員138万人、興収16億円を突破している。3位には『今日から俺は!!劇場版』が入り、動員18万5000人、興収2億3800万円をあげ、累計でも動員322万人、興収40億円を記録する大ヒット。これを受け、8月25日(火)からは、賀来賢人、伊藤健太郎、仲野太賀、矢本悠馬のキャスト4名による副音声付き上映(オーディオコメンタリー上映)も決定している。

『今日から俺は!!劇場版』は累計興収40億円を突破
『今日から俺は!!劇場版』は累計興収40億円を突破[c]2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のヒットを受けて映画第3弾の製作が決定

4位につけた『コンフィデンスマンJP プリンセス編』も動員11万9000人、興収1億6600万円をあげ、累計で動員191万人、興収26億円とヒット街道を進行中。そして、13日には大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、長澤まさみや東出昌大らキャスト陣が登壇。そのなかで早くも映画第3弾の製作決定が発表されるなど、『今日俺』とともに大きなムーブメントを起こしている。

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のヒットを受け、映画第3弾の製作が決定
『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のヒットを受け、映画第3弾の製作が決定[c]2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

今週末の公開作品では、中島みゆきの名曲をモチーフに映画化した『糸』、ディズニー&ピクサーの最新作『2分の1の魔法』などに注目が集まっている。夏休みらしい大作の公開が続くので、動員ランキングも盛り上がっていきそうだ。

文/トライワークス

以下は、1~10位までのランキング(8月15・16日)
1位 Fate/stay night[Heaven's Feel]Ⅲ.spring song
2位 映画ドラえもん のび太の新恐竜
3位 今日から俺は!!劇場版
4位 コンフィデンスマンJP プリンセス編
5位 弱虫ペダル
6位 思い、思われ、ふり、ふられ
7位 ぐらんぶる
8位 3年目のデビュー
9位 東映まんがまつり
10位 インセプション
※興行通信社調べ

関連作品