「コロナに負けんじゃねえぞ」三池崇史監督が激励!本日開幕の「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」よりビデオメッセージが到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 映画ニュース・読みもの
  • 「コロナに負けんじゃねえぞ」三池崇史監督が激励!本日開幕の「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」よりビデオメッセージが到着

映画ニュース 2020/9/26 8:00

「コロナに負けんじゃねえぞ」三池崇史監督が激励!本日開幕の「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」よりビデオメッセージが到着

“若手映像クリエイターの発掘、育成”を目的に掲げ、今年で17回目を迎える「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」が、本日9月26日(土)から10月4日(日)までの9日間、動画配信サイト「シネマディスカバリーズ」で開催される。今年はコロナ禍でのオンライン配信となるが、開催にあたり三池崇史監督、中野量太監督、上田慎一郎監督など総勢22名からの熱い応援ビデオメッセージが到着した。

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」が9月26日(土)から10月4日(日)まで開催!
「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」が9月26日(土)から10月4日(日)まで開催!

2004年に埼玉県川口市で始まり、国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門、短編部門)で構成されるコンペティション部門を中心に据えて開催されてきた本映画祭。17回目を迎える今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止、来場者や関係者の安全確保を第一に考慮し、史上初のオンライン開催となる。

そして今回オンライン開催を迎えるにあたり、“映画界の未来を担う若手監督たちの発表の場でもある映画祭の火を絶やしたくない”と願う本映画祭のポリシーに共感した映画人から、激励と観客へのメッセージ動画が到着。22名いずれも過去にノミネートや受賞を果たした映画監督、上映作品に出演していた俳優陣、審査員を務めた監督やプロデューサーなど本映画祭と縁の深い顔ぶれとなっている。

『チチを撮りに』(13)で2012年長編部門監督賞、SKIPシティアワードを受賞し、『浅田家!』(10月2日公開)も控える中野量太監督は「国際映画祭というのは、映画の空港みたいな役割を果たしていると思います。世界中から映画が集まってきて、逆に日本の映画が世界に旅立つ機会、チャンスを与えてくれる、それが国際映画祭の一番重要なことだと思います」と本映画祭の核心に触れ、「今年はオンラインでの開催になりますが、開催することが意義のあること。成功することを祈っております!」と力強く応援。

また2019年の本映画祭オープニング作品『イソップの思うツボ』(19)を手がけた上田慎一郎監督は、「僕は2011年に『恋する小説家』という自主映画を上映していただいて、その時が大きなスクリーンでたくさんのお客さんに自分の映画を観てもらうというのが初めてに近い体験だったので、すごい自信になった」と回顧。「次につながる映画祭だと思うので、作り手の皆さんはぜひ応募していただきたいですし、お客さんは次の才能、力を発見する場として足を運んでみては」と笑顔でメッセージを寄せている。

続いて、2018年の国際コンペティション審査員を務めた深田晃司監督も「コロナ禍の中で、世界中の映画祭が開催中止を余儀なくされていくなか、本映画祭が開催される意義はとても大きいと思います。この映画祭を通じて、今年も良い映画が良い環境と巡り会えることを期待しています。開催おめでとうございます」とお祝いのコメント。

そして動画の最後では、2019年に国際コンペティション審査委員長を務めた三池崇史監督が俳優たちとの殺陣を披露して登場。「『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』を心待ちにしている映画ファンの皆さん、そして作品を出品する若き映画人たち、コロナに負けんじゃねえぞ」とカメラ目線で激励を送り、終わりにはお茶目にグーポーズ。期待通りの三池監督節を見せ、開催へ向けた力強いメッセージを送っている。

映画界の未来を担っていく若手監督たちの登竜門となる本映画祭。日本をはじめとした世界各国の厳選した良作、傑作をぜひ見届けてほしい!

文/富塚沙羅


■SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020(第17回)開催概要
会期:9月26日(土)~10月4日(日)
上映:オンライン配信
配信サイト:「シネマディスカバリーズ×SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020」特設サイト
https://cinemadiscoveries.co.jp/pub/skipcity-dcf
映画祭公式サイト:www.skipcity-dcf.jp


初のオンライン開催となる「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020」を徹底特集【PR】