ペネロペ・クルス、役作りがハンパないド派手すぎる装いが衝撃的!?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/10/4 21:30

ペネロペ・クルス、役作りがハンパないド派手すぎる装いが衝撃的!?

欧州や米国でも、新型コロナウイルスの感染拡大で中断、もしくは延期を余儀なくされていた映画の撮影が再開されつつあるが、コロナウイルスに感染し復活を遂げたアントニオ・バンデラスとペネロペ・クルスの共演作『Competencia Oficial』の撮影が、7か月の延期期間を経てマドリッドで始動した。

「Daily Mail」などには撮影現場の様子を捉えた写真が多数掲載されているが、過去にも共演経験がある2人とあって息はぴったりのよう。しかし顎ひげを蓄えサングラスにタキシード姿のアントニオとは対照的に、1980年代のロックンローラーにインスパイアされたチリチリヘアにどぎついメイク、煌びやかでタイトなジャンプスーツを着たペネロペを見た人たちは衝撃を受けた様子。

「老けて見えてびっくり!」「美しいペネロペのこれまでで最低のコスチューム」という声があがる一方で、「素晴らしい役者魂」「ボトックスで顔がこわばってるハリウッド女優と違って顔も崩せるペネロペにしかできない変身ぶり」「46歳、2児の母親とは思えない抜群のスタイル」「何をやっても美しい」といった称賛の声も寄せられている。

「Deadline」によれば、同作は億万長者がほんの思いつきで名声を残せるような映画を作ろうと考えたことから起こるストーリーで、ペネロペが権威はあるものの風変わりな監督に、アントニオがエゴの塊の俳優の1人を演じ、スペインでは2021年公開予定。

NY在住/JUNKO