藤原竜也、高所の撮影で「ブルブル震えた」続編バディに及び腰も竹内涼真が「必ず連れて行きます!」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/3/6 15:37

藤原竜也、高所の撮影で「ブルブル震えた」続編バディに及び腰も竹内涼真が「必ず連れて行きます!」

吉田修一のサスペンス小説を羽住英一郎監督が映画化した『太陽は動かない』の公開記念舞台挨拶が3月6日に丸の内ピカデリーで開催され、藤原竜也、竹内涼真、市原隼人、日向亘、佐藤浩市、羽住監督が登壇。数々のアクションに挑んだ藤原が「キツイっす、マジで」と人生最大級の過酷な撮影を振り返り、苦笑いを浮かべた。

【写真を見る】丁々発止のやり取りを見せた藤原竜也と竹内涼真
【写真を見る】丁々発止のやり取りを見せた藤原竜也と竹内涼真

秘密組織のエージェント、鷹野(藤原)と相棒の田岡(竹内)。“24時間ごとに本部へ定期連絡しなければ、心臓に埋め込まれた爆弾が爆発する”という危険を常に抱えながら、2人が各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦を繰り広げる姿を描く。

『太陽は動かない』の公開記念舞台挨拶が開催された
『太陽は動かない』の公開記念舞台挨拶が開催された

司会から「羽住監督に伝えたいことは?」と聞かれた藤原は、鷹野が田岡を救出する水中でのシーンを述懐。「足がつかないくらいの水に浸かって、水温もめちゃくちゃ冷たい。『そんなに温度を下げる必要はないんじゃないか』と現場で言ったら、監督は『これは画に出るから。その緊迫感を出したい』とおっしゃっていて。画に出るものなのかな…。あの水温、設定入りましたかね?」と率直な疑問をぶつけた。

羽住監督が「(画に)出てるじゃん」とにんまりと答えると、藤原は「涼真ともずっと『いままでの人生で何番目にツラい?』と聞いていた」、竹内も「一番ですねって話をしていましたね」と告白。さらに藤原は「ちょっと行き過ぎた撮影」「耐えました」、竹内が「あれよりも大変な撮影はないんじゃないか」と応じるなど、人生においても最大級の過酷なものとなったという。しかし「竜也さんのほうが大変な撮影が多かった。ブルガリアでも意外と僕は休みがあった」という竹内は、「次はもうちょっと盛りだくさんでも構いません。もしもっとすごいのが来たら、挑戦したい」と男気を見せ、羽住監督を「いいですね。言ったね」と喜ばせていた。

観客を前に笑顔を見せた
観客を前に笑顔を見せた

また高所が苦手だという藤原は「5、6階くらいのビルから、ワイヤーで市原を救出するシーンがある。市原から『竜也くん、高いところダメでしょ』と言われて。地上から上がっていって、3階くらいの高さになると、僕の身体が震えているらしい。『恐怖でブルブル震えるの、やめてもらっていいですか』と言われた」と震える思いもしたとか。市原は「竜也くん、顔も真っ青になって。撮影が始まる前もしゃべらない。プルプル震えだした。僕も怖くなっちゃいました」と苦笑いを見せていた。

鷹野の少年期を演じた日向は、撮影後から今日までに「身長が6センチくらい伸びた」そう。日向の頼もしい姿を見た藤原は「もう大人になったわけですから。“少年・鷹野”ではないですから。鷹野と田岡として、この先、見守るのが楽しみですね」と竹内とのバディの座を、日向に譲るかのような発言。藤原自身は、バディの司令役である佐藤の隣にいるポジションを演じたいそうで、佐藤が「もうキツイの、嫌なの?」と聞くと、藤原は「キツイの嫌です。キツイっす、マジで」と本音を吐露し、会場も爆笑。すっかり音を上げてしまった藤原だが、竹内は「続編があれば、続編の現場に必ず竜也さんを連れて行きます!」と約束し、大きな拍手を浴びていた。

取材・文/成田 おり枝

関連作品

  • 太陽は動かない

    3.8
    751
    産業スパイ“鷹野一彦”が活躍する吉田修一原作の3部作の2編を藤原竜也主演で映画化