『科捜研の女 ‐劇場版‐』9月公開決定!沢口靖子が美しくもミステリアスなビジュアルも到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/3/29 7:00

『科捜研の女 ‐劇場版‐』9月公開決定!沢口靖子が美しくもミステリアスなビジュアルも到着

沢口靖子が主演を務めるテレビ朝日の人気シリーズ待望の映画化となる『科捜研の女 ‐劇場版‐』の公開日が9月3日(金)に決定。あわせてテレビシリーズのビジュアルとは雰囲気が一転したティザービジュアルが解禁となった。

1999年の放送開始から20年以上、“現行の連続ドラマ最長シリーズ”として圧倒的な人気を誇り高視聴率を打ち出し続けている本シリーズ。京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医研究員である榊マリコ(沢口)を中心に、捜査一課の刑事の土門薫(内藤剛志)をはじめ、科学技術を駆使する科捜研メンバーたちが事件の真相に挑む姿を描く。放送開始当時は珍しかった“科学捜査”に焦点を当て、ミステリードラマとして唯一無二の地位を築きあげてきた本シリーズだが、初の待望の映画化では世界同時多発不審死事件から始まる最難関の事件、現代最新科学では絶対に解けないトリックを操るシリーズ史上最強の敵がマリコたちの前に立ちはだかる…。

ティザービジュアルでは、燃えるように鮮やかな紅葉の上に横たわり天を仰ぐマリコが“さかさま”に写しだされ、さらにその美しいまなざしの横には「衝撃の最終実験、はじまる。」というコピーが…。美しくも難解な謎解きの世界へ誘われるような、美しくもミステリアスなビジュアルとなっている。

企画発表時には、テレビ朝日ゼネラルプロデューサーの関拓也が「全20シーズン、全254話に及ぶエピソードが伏線となった衝撃の展開もファン必見です。最後にマリコが自らの命と引き換えに選んだ究極の答えとは…!?榊マリコの“最後の選択”をぜひ劇場で見届けてください」と衝撃的なコメントを寄せていた本作。シリーズ集大成となるマリコの“最後の実験”に期待が高まる。

※榊の字は「木偏に神」が正しい表記

文/富塚沙羅

関連作品

  • 科捜研の女 -劇場版-

    -
    57
    法医研究員が事件の真相解明に挑む姿を描く沢口靖子主演の人気TVドラマの初の劇場版