神木隆之介と中村倫也、『100日間生きたワニ』で“幼なじみ感”「倫君だったから、そのままできた」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
神木隆之介と中村倫也、『100日間生きたワニ』で“幼なじみ感”「倫君だったから、そのままできた」

イベント 2021/7/9 23:19

神木隆之介と中村倫也、『100日間生きたワニ』で“幼なじみ感”「倫君だったから、そのままできた」

7月9日、アニメーション映画『100日間生きたワニ』の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、神木隆之介、中村倫也、新木優子、ファーストサマーウイカ、上田慎一郎監督、ふくだみゆき監督が登壇した。

神木隆之介、中村倫也、新木優子、ファーストサマーウイカが登壇
神木隆之介、中村倫也、新木優子、ファーストサマーウイカが登壇

2020年に漫画家きくちゆうきのSNS上で連載され、社会現象を巻き起こした4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」をアニメ映画化した本作。ボイスキャストは、神木隆之介(主人公のワニ役)、中村倫也(親友のネズミ役)、木村昴(モグラ役)、新木優子(ワニが恋するセンパイ役)が務め、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎と、『こんぷれっくす×コンプレックス』などでアニメーション監督としても活躍するふくだみゆきの夫婦が、監督と脚本を担当する。

イベントでは、「キャラクターの中で誰に一番似ているか?」という質問が飛び出し、神木は自身が演じた「ワニ」と回答。「それこそ作品では、ゲームの大会に『出ちゃいますか』って出るシーンがあるんですけど。そんな感じで、僕もゲーム実況者さんがやっているゲーム大会に『出ちゃう?』って言って、練習して、仲間と出たことがあるんですよ。(オフィシャルの神木としてではなく)いち視聴者として。そのために僕は努力してきたところがある。意外とランキングに入れて、名前も呼んでもらえて。よっしゃ呼ばれた!って。ワニと同じストーリーがあるんですよ」と、プライベートの一面を明かし、キャスト陣を驚かせていた。

【写真を見る】ワニと戯れる中村倫也
【写真を見る】ワニと戯れる中村倫也

そんな神木は、本作の好きなシーンとして「ワニとネズミとモグラがワチャワチャじゃれ合っているところは、幼なじみ感があってほっこりするなと思います。(モグラ役の)昴君は15年くらい前から知っていて、(ネズミ役の)倫君も心を許せている人なので、その3人の関係性がそのままキャラクターに乗っかっていると思います」とコメント。


“ネズミ役が中村倫也で良かった”と思った瞬間として「気を使わなくて良いところが楽で。幼なじみ感があるようにセリフを言うシーンがあるんですけど、幼なじみっぽい、ちょっとした気だるさというか、ちょっと言葉を端折っても伝わるよねという信頼関係が見えなきゃいけなかったんですけど、それが倫君だったから、そのままできてうれしかったです」と笑顔を見せていた。

取材・文/平井あゆみ

関連作品

  • 100日間生きたワニ

    3.7
    149
    神木隆之介が主演を務め、きくちゆうき原作の4コマ漫画を映画化したアニメーション
    Amazon Prime Video U-NEXT