中谷美紀の美オーラに一同うっとり!田中圭が「本当にすごいきれい」『総理の夫』初日舞台挨拶|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/9/23 15:12

中谷美紀の美オーラに一同うっとり!田中圭が「本当にすごいきれい」『総理の夫』初日舞台挨拶

原田マハのベストセラー小説を映画化した『総理の夫』の初日舞台挨拶が9月23日に丸の内TOEIで開催され、田中圭、中谷美紀、貫地谷しほり、工藤阿須加、松井愛莉、河合勇人監督が登壇。劇中で中谷演じる凛子が上品なドレス姿で大階段を降りてくるシーンをそれぞれが振り返り、田中が「すごいきれいだった」と話すなど、キャスト陣全員が中谷の美オーラに驚いたことを興奮ぎみに明かした。

『総理の夫』の初日舞台挨拶が開催された
『総理の夫』の初日舞台挨拶が開催された

日本初の女性総理とその夫“ファーストジェントルマン”の激動の日々を描く本作。ダブル主演を務めた田中と中谷が、大財閥生まれの世間知らずなお坊ちゃんにして鳥オタクのファーストジェントルマンと、才色兼備なカリスマ女性総理を演じている。

決めポーズで任命されるのを待った田中圭
決めポーズで任命されるのを待った田中圭

登場人物の衣装にもこだわりが込められていることにちなみ、ステージでは登壇者陣のなかからオシャレだと思うキャラクターや人を“オシャレ大臣”として任命していくことになった。田中が決めポーズで指名を待つなか、貫地谷は「すごいアピールしているんですよ。見ないようにします」と交わしつつ、「“オシャレ大臣”は、決まっています。やっぱり中谷さんです」とにっこり。「(中谷演じる凜子が)大階段を降りてくるシーンは、すさまじく美しかった。写真を撮らせてもらって、速攻で家族に送りました。すごい喜んでいました。ありがとうございます」とうれしそうに語る。


日本初の女性総理役を演じた中谷美紀
日本初の女性総理役を演じた中谷美紀

この日はベアトップのパンツドレスで会場を魅了した中谷は、「照明さんが『神々しく、美しくと台本に書いてあるからな。照明をいっぱい当ててやったよ』とおっしゃっていた(笑)。凛子を美しく見せるために、照明さんは相当な努力、苦労をされたようです」と恐縮しながら、「皆さんのおかげです」と感謝していた。

すると田中は「本当にすごいきれいだったよね。『きれー』ってなった」としみじみと振り返り、貫地谷も「すごかったよね!あんなクラシカルな格好が似合う人います⁉︎」と興奮しきり。さらに工藤も「中谷さん」と“オシャレ大臣”を選び、「僕も大階段のシーンは、『うわあ、きれい…』と声が漏れてしまいました。大げさじゃない、本当に周りのみんなが言っていた。母親に電話して『あんなにきれいな人、いる?』と言っちゃいました」と明かし、松井も「私も中谷さんが“オシャレ大臣”。いつ見てもお美しい。この人に付いていきたいって思います」と続くなど、全員が中谷の美しさにうっとりとしたことを告白していた。

中谷は「すべての女性を応援する映画になった」と完成作に胸を張り、「楽しんで大いに笑っていただいて、少しほっこりした気持ちでご自宅にお帰りいただけたら」とコメント。撮影後にも女性の社会進出について思いを巡らせることがあったという田中は、「出産と育児、仕事の両立をすることの難しさを改めて感じた。社会や政治でもっと少しでもできることがあるんじゃないのかなと、考えるいいきっかけになった。エンタメが、少しずつ社会がよくなっていくリアルな一歩目になることもあると思う」と心を込め、大きな拍手を浴びていた。

取材・文/成田おり枝