ダニエル・クレイグ、ボンド役として3人目となるハリウッド殿堂入り!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

セレブリティ 2021/10/10 17:30

ダニエル・クレイグ、ボンド役として3人目となるハリウッド殿堂入り!

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(公開中)の全米公開を目前に、6代目ジェームズ・ボンドを演じているダニエル・クレイグが、ボンド役としては3代目のロジャー・ムーア、5代目のピアース・ブロスナンに続いて3人目となるハリウッドの殿堂入りを果たし、ロサンゼルスのハリウッド大通り7007番地に、歴代2704人目となる星形プレートが刻まれた。

【写真を見る】6代目ボンドのダニエル・クレイグ、ハリウッドの殿堂入り!クレイグ版ボンドをチェックバック
【写真を見る】6代目ボンドのダニエル・クレイグ、ハリウッドの殿堂入り!クレイグ版ボンドをチェックバック画像はJames Bond(@007)公式Twitterのスクリーンショット

出演したテレビ番組で、「ハリウッドの殿堂入りなんて、夢みたいです」「21歳とかだったと思いますが、1990年にイギリスからハリウッドに来て、最初に立ち寄った場所の一つですからね」と語っていたクレイグは、ペールブルーのジャケットに身を包み、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリやマイケル・G・ウィルソン、クレイグを称賛してやまない悪役のラミ・マレックなどに囲まれたセレモニーで、「自分の口からこんなセリフが出てくるとは思ってもみなかったですが、殿堂入りできたことを本当に誇りに思います」。また、「幸せを、自分が囲まれている人々によって測るのであれば、レジェンドたちに囲まれてこの歩道にいる自分は、とてつもなく幸せ者です」と喜びを語った。

「Metro」などによれば、この殿堂入りの名誉を受けた人物は、星形の作成、インストールおよびメンテナンスのために3万7000ポンド(約550万円)を支払うという。


ダニエル・クレイグがボンド役に扮した第1作目、『007 カジノ・ロワイヤル』(06)
ダニエル・クレイグがボンド役に扮した第1作目、『007 カジノ・ロワイヤル』(06)写真:EVERETT/アフロ

15年間にわたって5作品でボンド役を演じてきたクレイグは、今作で「007」シリーズとしてはフィナーレを飾るが、パンデミック下で久しぶりに世界に先駆けて劇場公開となった、英国でのオープニングの興行成績で、歴代ボンドシリーズの新記録を樹立。日本でも大ヒット公開中だ。

文/JUNKO

関連作品