「”チーム嵐”の熱を感じていただきたい」櫻井翔が『ARASHI 5×20 FILM』について想いを語る!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/10/23 10:00

「”チーム嵐”の熱を感じていただきたい」櫻井翔が『ARASHI 5×20 FILM』について想いを語る!

嵐“初”のライブフィルム 『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が、11月3日(水・祝)にドルビーシネマ限定で先行公開、11月26日(金)に全国公開されることが決定。あわせて櫻井翔のオフィシャルインタビューが到着した。

【写真を見る】映像&音への没入感がライブとはまた違った魅力!
【写真を見る】映像&音への没入感がライブとはまた違った魅力![c] 2021 J Storm Inc.

2018年11月から2019年12月まで1年以上にわたり、計50公演、1ツアーとして、日本史上最大の累計237万5千人の動員を記録した嵐20周年のツアー「ARASHI Anniversary Tour5×20」。そのツアー中からプロジェクトが進行し、2019年12月23日に東京ドームで映画用として1日限りで行われたシューティング・ライブを収録した本作。嵐の映画初主演作『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』(02)で監督を務めた堤幸彦のメガホンのもと、これまで嵐の撮影を経験してきたスタッフが集結し、5人だからこそ見ることができた景色、そして52000人の観客が5人と一緒に見た景色を計125台のカメラで余すことなく記録した。本作はすでに第24回上海国際映画祭のDolbyVision部門でワールドプレミアとして上映されている。

解禁されたインタビュー映像は、櫻井が堤、スタッフ、メンバー、そしてファンとともに作り上げた本作への特別な想いを振り返ったもの。「メンバーの立場では、なかなか実際に見ることができなかった、お客さん目線でのコンサートの臨場感というのを味わえたので、本当に映画ならでは、映画館でこそ観てもらいたい作品になったかなと思いました」と喜びを語っているほか、嵐にとって重要な意味のある2つの記念日にこだわった理由やスタッフと一丸となった作品であることなどを熱く語っている。


2000年から2020年までのコンサートで累計約8200万人を動員した、ジャニーズ事務所を代表するアーティストである嵐。東京ドームの圧倒的な一体感と臨場感を、堪能してほしい。

文/足立美由紀