Creepy Nutsが『浅草キッド』にカメオ出演!インタビュー動画で“師匠”と“ルーツ”を語る|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
Creepy Nutsが『浅草キッド』にカメオ出演!インタビュー動画で“師匠”と“ルーツ”を語る

映画ニュース 2021/11/29 8:00

Creepy Nutsが『浅草キッド』にカメオ出演!インタビュー動画で“師匠”と“ルーツ”を語る

大泉洋、柳楽優弥主演のNetflix映画『浅草キッド』(12月9日配信)に、Creepy Nutsがカメオ出演していることが明らかとなり、インタビュー映像と場面写真が一挙解禁となった。

【写真を見る】作業服姿のDJ松永と大泉洋の共演シーン!
【写真を見る】作業服姿のDJ松永と大泉洋の共演シーン!2021年12月9日(木)よりNetflixにて全世界独占配信

芸人としてだけではなく、俳優、絵画などその才能は多岐に渡り、映画監督北野武としては“世界のキタノ”と呼ばれ、まさに日本を代表する唯一無二の天才、ビートたけし。そんな彼を敬愛してやまない劇団ひとり監督が脚本も務め、初監督作品『青天の霹靂』(14)に続き昭和の浅草を舞台に、笑いと涙に溢れる青春映画を描く。

本作へのカメオ出演が明らかとなったCreepy Nuts。Netflixにて配信中のバラエティ番組「任意同行願えますか?」で劇団ひとり監督とDJ松永が共演するなどの縁もある。現場で撮影したインタビュー映像では、深見千三郎(大泉)とタケシ(柳楽)の「師弟愛」が描かれる本作にちなみ、Creepy Nutsが自身の師匠について語っている。DJ松永の師匠は「DJ COMAという2006年のDJ世界チャンピオンで、魚沼市でコシヒカリを作っている人」で、ラップは独学というR-指定は「僕も松永さんもすごい尊敬しているのはRHYMESTERの宇多丸さん」とし、Creepy Nutsのルーツのひとつが宇多丸であることを明かしている。


あわせて解禁となった場面写真には、町工場の作業着に身を包み大泉と共演する、いつもとは一味違う彼らの姿が写っている。劇団ひとりが描く、ビートたけしの原点、師匠である深見と過ごした日々の物語。思いっきり笑って、泣いて、楽しみたい。

文/タナカシノブ