吉岡里帆主演『ハケンアニメ!』高野麻里佳が声優役で実写初出演&個性豊かな追加キャスト解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
吉岡里帆主演『ハケンアニメ!』高野麻里佳が声優役で実写初出演&個性豊かな追加キャスト解禁

映画ニュース

吉岡里帆主演『ハケンアニメ!』高野麻里佳が声優役で実写初出演&個性豊かな追加キャスト解禁

日本のアニメ業界で奮闘する人々の姿を描く吉岡里帆主演映画『ハケンアニメ!』(2022年5月公開)より、追加キャストが発表。あわせてコメントが到着した。

【写真を見る】工藤阿須加が演じる市の観光課職員/宗森周平はアニメで秩父を盛り上げようと奮闘!
【写真を見る】工藤阿須加が演じる市の観光課職員/宗森周平はアニメで秩父を盛り上げようと奮闘![c]2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

原作は直木賞作家、辻村深月による、アニメ業界で奮闘する者たちを描いた小説「ハケンアニメ!」。地方公務員からアニメ業界に飛び込んだ斎藤瞳(吉岡)は、監督デビュー作で、憧れのスター監督の王子千晴(中村倫也)と覇権を争うことに。過去にメガヒット作品を生みだし、天才として名を馳せる王子は、プロデューサーの有科香屋子とタッグを組み8年ぶりに監督復帰を果たす。瞳は、クセ者プロデューサーの行城理(柄本佑)や、個性的な仲間たちとともに、汗と涙と鼻水にまみれ、アニメの頂点=ハケン(覇権)アニメの称号を手にするべく、熾烈な“闘い”に身を投じていく、という物語が描かれる。監督は『水曜日が消えた』(20)の吉野耕平が務め、上記3名に加え、尾野真千子の出演もすでに発表されている。

この度追加キャストとして発表となったのは、アニメにとってなくてはならない業界人を演じる俳優陣。市の観光課職員の宗森周平役を工藤阿須加、劇中アニメ「サバク」と「リデル」に参加する作画スタジオ「ファインガーデン」所属のアニメーター並澤和奈役を小野花梨、「サバク」の主人公トワコ役を務める声優の群野葵役を本作が実写映画初出演の高野麻里佳が演じる。また、「サバク」の制作会社「トウケイ動画」の制作デスク根岸役には前野朋哉、同じく「トウケイ動画」の宣伝マンの越谷役を古舘寛治が務め、「サバク」の脚本、シリーズ構成の脚本家、前山田役を徳井優、「ファインガーデン」の社長兼アニメーター関役は六角精児が演じることが明らかに。そのほか、矢柴俊博、新谷真弓、松角洋平、水間ロン、みのすけ、前原滉らの参加も発表されている。

宗森役の工藤は「僕自身、アニメが大好きなので今回この作品に携わらせて頂けて嬉しかったですし、ロケ場所も素敵で楽しく撮影する事が出来ました」と撮影を振り返り、声優役を演じる高野は「群野葵としては、吉岡里帆さん演じる斎藤瞳監督との熱いアフレコシーンに注目してほしいです!」と見どころを語っている。


アニメ業界の知られざる舞台裏を描いた胸熱MAXなお仕事映画がここに誕生。世界中が注目する日本のアニメ業界で、“好き”なものに対してまっすぐに向きあい懸命に生きる人々の姿に胸が熱くなりそうだ。

作品情報へ

関連作品

  • ハケンアニメ!

    4.2
    1690
    アニメ業界の制作現場を舞台に主人公達が奮闘する姿を描くお仕事ヒューマンドラマ
    Amazon Prime Video Netflix