『ノイズ』本編&コメント映像解禁!藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介が撮影裏話を披露|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『ノイズ』本編&コメント映像解禁!藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介が撮影裏話を披露

映画ニュース 2021/12/24 8:30

『ノイズ』本編&コメント映像解禁!藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介が撮影裏話を披露

藤原竜也&松山ケンイチW主演の新感覚サスペンス『ノイズ』(2022年1月28日公開)。このたび本作より、緊迫した本編映像、藤原、松山、神木隆之介からのスペシャルコメントが到着した。

誤って殺人を犯してしまう超重要シーンがついに解禁
誤って殺人を犯してしまう超重要シーンがついに解禁[c]筒井哲也/集英社[c]2022映画「ノイズ」製作委員会

フランスでACBC賞、日本で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した「有害都市」などを手掛けた筒井哲也のコミックを原作とする本作。絶海の孤島、猪狩島の復興を目指し生活するも、島を訪れた元受刑者を殺害してしまい、その死体隠ぺいに奔走する3人の幼馴染を描く。元受刑者を殺害してしまう泉圭太を藤原竜也、殺人の隠ぺいに協力する幼馴染の田辺純を松山ケンイチ、同じく幼馴染で島の新米警察官の守屋真一郎を神木隆之介がそれぞれ演じる。また黒木華、渡辺大知、永瀬正敏ら、日本を代表する実力派俳優陣が脇を固める。

今回解禁となった本編映像では、3人が殺人を犯してしまう、ストーリーのきっかけとなる非常に重要なシーンが切り取られている。島に降り立った凶悪犯の小御坂の不審な言動に違和感を覚え、追い詰めていく3人だったが、圭太の娘の失踪が引き金となり、誤って小御坂を殺害。平和な島の日常は一変し、悪意のノイズに満ちていくのだった。また、映像前後には、幼馴染3人を演じた、藤原、松山、神木らが撮影を振り返る特別コメントも挿入されている。凶悪犯、小御坂演じる渡辺大知の役作りのこだわりや、ワンカットならではのハプニングエピソードなど、ここだけの裏話が語られている。


たった一人の凶悪犯というノイズから、日常はどこまで壊れていくのか?また、今回の映像では過激すぎてピー音を入れられている小御坂のセリフとは?廣木隆一監督の織りなす新感覚サスペンスを、ぜひ劇場で体感したい。

文/鈴木レイヤ

関連作品

  • ノイズ

    3.6
    484
    筒井哲也原作のサスペンスコミックを藤原竜也×松山ケンイチのW主演で実写映画化
    U-NEXT