初登場1位の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が動員100万人突破!『サンダーバード55』もランクイン - 2ページ目|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
初登場1位の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が動員100万人突破!『サンダーバード55』もランクイン

映画ニュース 2022/1/12 21:00

初登場1位の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が動員100万人突破!『サンダーバード55』もランクイン

『劇場版 呪術廻戦 0』が動員567万人&興収77億円を突破!

2週連続で首位に君臨していた『劇場版 呪術廻戦 0』は、土日2日間で動員44万9000人、興収6億4400万円をあげて2位へ。しかし、累計では動員567万人、興収77億円を突破し、歴代興収ランキング80位にランクインしている。


『劇場版 呪術廻戦 0』が累計で動員567万人、興収77億円を突破
『劇場版 呪術廻戦 0』が累計で動員567万人、興収77億円を突破[c] 2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 [c]芥見下々/集英社

先週初登場2位だった『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』は、動員21万3000人、興収2億9100万円で3位へ。累計では、動員136万人、興収17億円を突破している。

『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』は3位へ
『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』は3位へ[c]2021『99.9-THE MOVIE』製作委員会

このほか、新作からは、『サンダーバード55/GOGO』が9位に入っている。日本では1966年に放送が開始され、絶大な人気を博した伝説的特撮人形劇「サンダーバード」。本国イギリスの熱狂的なファンのクラウドファンディングによって制作された3話のエピソードを樋口真嗣監督が構成を務め、1本化した日本語劇場版だ。

『サンダーバード55/GOGO』は初登場9位に
『サンダーバード55/GOGO』は初登場9位にThunderbirds TM and [c] ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.

今週末には、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が出演する「コンフィデンスマンJP」シリーズの劇場版第3弾『コンフィデンスマンJP 英雄編』、ファッションブランド“GUCCI”の創業者一族崩壊の闇に包まれた真実を描く実話映画『ハウス・オブ・グッチ』、クリント・イーストウッドが監督、主演、製作を務めるヒューマンドラマ『クライ・マッチョ』といったタイトルが控えている。これらの注目作に加え、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』や『劇場版 呪術廻戦 0』など、大ヒット中の作品の動向にも注目だ。

文/サンクレイオ翼

以下は、1~10位までのランキング(1月8・9日)
1位 スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
2位 劇場版 呪術廻戦 0
3位 99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE
4位 ボス・ベイビー ファミリー・ミッション
5位 あなたの番です 劇場版
6位 キングスマン:ファースト・エージェント
7位 マトリックス レザレクションズ
8位 ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”
9位 サンダーバード55/GOGO
10位 ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ
※興行通信社調べ

関連作品