『ドライブ・マイ・カー』が毎日映画コンクール日本映画大賞に!『すばらしき世界』は最多4冠達成|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『ドライブ・マイ・カー』が毎日映画コンクール日本映画大賞に!『すばらしき世界』は最多4冠達成

映画ニュース 2022/1/20 18:30

『ドライブ・マイ・カー』が毎日映画コンクール日本映画大賞に!『すばらしき世界』は最多4冠達成

1946年毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社によって創設された、権威と歴史のある映画賞として知られる「第76回毎日映画コンクール」の受賞作品と受賞者が決定した。日本映画大賞はゴールデングローブ賞受賞でも話題の『ドライブ・マイ・カー』(21)が受賞。同作は濱口竜介監督が監督賞にも輝いた。

【写真を見る】日本映画優秀賞に選出された役所広司主演作『すばらしき世界』_
【写真を見る】日本映画優秀賞に選出された役所広司主演作『すばらしき世界』_[c] 佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

2021年1月1日~12月31日までに国内で14日間以上、有料で劇場公開された作品が対象となる同コンクールでは、日本映画優秀賞を役所広司主演の『すばらしき世界』(21)が獲得。同作は男優助演賞の仲野太賀、撮影賞の笠松則通、音楽賞の林正樹とあわせて今回最多となる4冠を得た。

男優主演賞は『護られなかった者たちへ』(21)の佐藤健が受賞し、同作の清原果耶が女優助演賞を手にした。女優主演賞は『茜色に焼かれる』(21)の尾野真千子に与えられ、同作はスポニチグランプリ新人賞(男性)に和田庵、スポニチグランプリ新人賞(女性)にも片山友希が選出された。

また、アニメーション映画賞は『岬のマヨイガ』(21)、外国映画ベストワン賞は『ノマドランド』(20)が選ばれたほか、特別賞は7月に54年の歴史に幕を閉じるミニシアターの先駆けだった岩波ホールに決まった。


なお「第76回毎日映画コンクール」表彰式は2月15日(火)に、めぐろパーシモンホールでに開催予定。国内外から高く評価される作品を生み出したスタッフ、キャストがどんな言葉を口にするのか、注目したい。