中島健人と原作小説の運命的な出会いとは?『桜のような僕の恋人』キャスト、監督が想いを語る特別映像解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
中島健人と原作小説の運命的な出会いとは?『桜のような僕の恋人』キャスト、監督が想いを語る特別映像解禁

映画ニュース 2022/3/17 8:00

中島健人と原作小説の運命的な出会いとは?『桜のような僕の恋人』キャスト、監督が想いを語る特別映像解禁

TikTokで話題となった恋愛小説を実写化するNetflix映画『桜のような僕の恋人』。3月24日(木)に配信開始となる本作より、中島健人、松本穂香、深川栄洋監督が想いを語る特別映像が解禁となった。

2017年に発売され、発行部数70万部を突破した宇山佳佑の同名小説を、原作ファンを公言する中島健人の主演で映画化する本作。主人公の朝倉晴人を中島が、ヒロインの有明美咲を松本穂香が演じる。また、『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』(20)の深川がメガホンをとり、「人の何十倍も早く老いていく」という難病を抱える美咲と晴人の物語を描く。

このたび解禁されたのは、中島と松本、そして深川監督がそれぞれの役や作品とどのように向き合ったのかを語る特別映像。主人公の晴人を演じた中村は「本当に自分のなかでは運命的な出会い」と、読書好きで書店巡りをしているなかで原作に出会ったことを語り「大ファンであった『桜のような僕の恋人』の実写映画に出演させていただいていることが、人生で一番ラッキーな瞬間かもと思いました」と喜びをあらわにしている。また、ヒロインの美咲を演じる松本は「心は20代の女の子なんだけど、見た目は90歳になってしまって、演じていても辛いところではありました」と、難病を患った美咲を演じる際の苦労や、晴人との関係を語っている。


好きな人と同じ速度で歳月を重ねていくことができないという残酷な現実に、美咲と晴人はどのように向き合っていくのか?感動のベストセラー小説を映画化する『桜のような僕の恋人』の配信を楽しみに待ちたい。

文/鈴木レイヤ

関連作品