阿部寛、北村匠海ら“親子三世代”が笑顔でパシャリ!『とんび』から劇中家族写真が解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
阿部寛、北村匠海ら“親子三世代”が笑顔でパシャリ!『とんび』から劇中家族写真が解禁

映画ニュース 2022/4/12 17:01

阿部寛、北村匠海ら“親子三世代”が笑顔でパシャリ!『とんび』から劇中家族写真が解禁

阿部寛と北村匠海が親子役を演じた『とんび』(公開中)。先週8日に公開を迎え、週末動員ランキングでベスト10にランクイン。各レビューサイトでは「泣いた」「感動した」といった声とともに高い評価が寄せられている本作から、このたび5枚の“家族写真”が解禁された。

【写真を見る】感涙の声が続々!阿部寛、北村匠海らが伝える親子の不滅の絆
【写真を見る】感涙の声が続々!阿部寛、北村匠海らが伝える親子の不滅の絆[c] 2022 『とんび』 製作委員会

直木賞作家、重松清の同名小説を、瀬々敬久監督が映画化した本作。瀬戸内海に面した港町で、運送業者として懸命に働くヤス(阿部)。息子のアキラ(北村)が生まれ、ようやく手に入れた幸せは妻、美佐子(麻生久美子)の事故死によって脆く打ち砕かれてしまう。悲しみに暮れながらも町の人々の温かな手を借りてアキラを育てていくヤス。やがて高校3年生になったアキラは東京の大学に合格。離れる寂しさを素直に伝えられないヤスはアキラを突き放してしまい…。

このたび解禁された“家族写真”には、ヤスとアキラ、そして成長したアキラが結婚する由美とその連れ子である健介、アキラと由美の間に授かった娘の美月の姿が写しだされている。5人が揃った一枚や、由美と健介がピクニックをしている様子、ヤスとアキラ、健介のスリーショット。ヤスが健介をうれしそうに肩車している様子など、家族三世代の笑顔が収められており、世代や血のつながりをも超えた無償の愛と、家族の絆が未来へとつなげられていくことを感じさせる。


またそのなかには、幼少期のアキラが母の美佐子から抱きしめられている砂浜での一枚も。美しい海に面した町で美佐子からの海のように深い愛に包まれ、そしてヤスからも不器用ながらに愛情を注がれたアキラが、どんな未来を見つけていくのか。いまの時代にも通じる親子の不滅の絆を描く本作を、是非とも劇場で味わってほしい。

文/久保田 和馬

関連作品

  • とんび

    4.3
    1177
    瀬々敬久監督×阿部寛主演×北村匠海共演で重松清の原作小説「とんび」を映画化
    Amazon Prime Video U-NEXT