柴咲コウ&松村北斗、神木隆之介の“特殊能力”を証言!「太陽に愛される力がある」「妖精です」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
柴咲コウ&松村北斗、神木隆之介の“特殊能力”を証言!「太陽に愛される力がある」「妖精です」

イベント 2022/4/29 13:21

柴咲コウ&松村北斗、神木隆之介の“特殊能力”を証言!「太陽に愛される力がある」「妖精です」

創作集団CLAMPの同名コミックを神木隆之介と柴咲コウのW主演で実写映画化した『ホリック xxxHOLiC』の初日舞台挨拶が4月29日に丸の内ピカデリーで開催され、神木と柴咲をはじめ、松村北斗、玉城ティナ、磯村勇斗、吉岡里帆蜷川実花監督が登壇。主人公の四月一日(わたぬき)に“アヤカシ”が視える特殊能力があることにちなんで「特殊能力を持っていそうな人」というテーマに沿ってトークを展開。松村と柴咲が、神木の持つ特殊能力について明かした。

『ホリック xxxHOLiC』の初日舞台挨拶が開催された
『ホリック xxxHOLiC』の初日舞台挨拶が開催された

人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が視える孤独な高校生、四月一日(神木)が、対価と引き換えにどんな願いも叶えてくれる“ミセ”に迷い込み、ミセの女主人、侑子(柴咲)と出会うことで不思議な運命に足を踏み入れていく様子を描く本作。

公開を迎えた喜びを語った神木隆之介
公開を迎えた喜びを語った神木隆之介

神木は「どんな現場になるんだろう、蜷川監督はどんな雰囲気の方なんだろうと想像がつかなくて。最初は恐る恐る現場に入っていったんですが、すごく笑顔が多くて、しゃべりかけてくださる方。常に笑っている印象」と蜷川監督の印象を語り、「お芝居もそうですし、休憩時間も、楽しんで進んでいっていい現場なんだと思えた」と笑顔にあふれた撮影現場を述懐。柴咲は「現場に入ると、今日はどんな衣装を着られるんだろう、どんなメイクになるんだろう、私の髪はどういう変化を遂げるんだろうと毎日ワクワクしていた」そうで、「自分自身も鏡を見て『ステキ』と思いながら撮影していました」と刺激的な日々を振り返っていた。

【写真を見る】神木隆之介の”唯一の親友”を演じた松村北斗、息ぴったりの様子を見せた
【写真を見る】神木隆之介の”唯一の親友”を演じた松村北斗、息ぴったりの様子を見せた

松村は、四月一日が心を許せる数少ない人物である百目鬼役を演じた。決戦のシーンが印象深いといい、「セット内なんですが、水やら風やら、ザーザー降ってくるわ、ワーワー吹いてくるわで。屋内なのに、どこの屋外よりも激しい状況だった」と回想。「神木くんとセリフを交わす時もあまりセリフが聞こえなかった」と続けると、神木も「しゃべったというのが相手の口の動きでわかる。探り探りみたいな」と苦笑い。とはいえ、うまく心を通じ合わせることができたと声を揃え、笑顔を見せ合っていた。


また「特殊能力を持っていそうだと思う人」について話が及ぶと、松村は「神木くん」と回答。「撮影をしていて『天候が怪しいな、晴れたほうがいいんだけどね』と話していたら、雲がパカーッと割れて、だんだん太陽の道が出来てきた。晴れてきたなと思った先から、神木くんが『おはようございます』とやって来る。太陽の道ができて、神木隆之介、登場ということが何度かあった。太陽に愛されている力がある気がする」と驚きと共に、神木の晴れ男ぶりについて語る。すると蜷川監督も同調し、「『晴れてきた。神木くん、そろそろ着くんじゃない?』と言ったら、神木くんが着いた」と楽しそうに話していた。

柴咲コウ「没入したいと思うような作品」と語った
柴咲コウ「没入したいと思うような作品」と語った

そして柴咲も、神木の能力についてコメントした。柴咲は「天気は確かにそう。100パーセント晴れみたいな」とうなずきつつ、「人の心を察する力にすごく長けていらっしゃる。共演者の方に話しかけたいんだけど、いまタイミングじゃないかな…と思っていると、スッと入ってきて話を盛り上げてくれて、和気あいあいとした空気を作ってくれる」と神木に感謝しきり。司会が「妖精ですね」と評すと、柴咲は「そうそう!妖精ですね。いつも助けられていました」としみじみと語り、神木は「ありがたいですね」と柴咲と松村の言葉を聞いて照れ笑いをのぞかせていた。

蜷川監督は「全員」とキャスト陣を称えた。「今回のキャストは、アベンジャーズみたい。みんな、いろいろな能力がある。それぞれが本当に光り輝いていた。すごく助けられたし、一緒にできてよかった。特殊能力といって間違いないような輝き方。何回思い返しても楽しかった」と充実の表情を見せながら、完成作に胸を張っていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品

  • ホリック xxxHOLiC

    3.8
    942
    創作集団・CLAMPの同名コミックを、神木隆之介・柴咲コウのW主演で実写映画化