町田啓太らが吹き替えなしの演奏シーンに臨む!水谷豊監督作『太陽とボレロ』メイキング映像“楽団奮闘編”が到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
町田啓太らが吹き替えなしの演奏シーンに臨む!水谷豊監督作『太陽とボレロ』メイキング映像“楽団奮闘編”が到着

映画ニュース 2022/6/2 18:00

町田啓太らが吹き替えなしの演奏シーンに臨む!水谷豊監督作『太陽とボレロ』メイキング映像“楽団奮闘編”が到着

地方のアマチュア交響楽団の物語を描く水谷豊の監督作品第3弾『太陽とボレロ』(6月3日公開)。いよいよ明日に公開を控えた本作より、楽団員役のキャスト陣が演奏シーン撮影に向け奮闘するメイキング映像“楽団奮闘編”が解禁となった。

『太陽とボレロ』から吹き替えなしで楽器演奏に挑むメイキング映像が到着!
『太陽とボレロ』から吹き替えなしで楽器演奏に挑むメイキング映像が到着![c]2022「太陽とボレロ」製作委員会

初監督作『TAP-THE LAST SHOW-』(17)ではショービジネスの世界を舞台に若者の群像劇を、第2作『轢き逃げ 最高の最悪な日』(19)では脚本も務め、不幸な事故が露わにする人間の心理を描いた水谷豊監督。第3弾となる本作では“クラシックのオーケストラ”を題材に、音楽を愛する普通の人々の物語をエンターテインメント作品として作り上げた。楽団主宰者役の檀れいを主演に、解散が決まったアマチュア交響楽団が最後のコンサートへ向かっていく姿を描く。

このたび解禁されたのは、弥生交響楽団の楽団員役のキャストが演奏シーンの撮影に臨む姿を映しだしたメイキング映像“楽団奮闘編”。トランペット奏者の田ノ浦圭介役を務める町田啓太は、「一生に一回なので思う存分楽しみたい」と、オーボエ奏者、牧田九里郎役の田口浩正は「先生たちの熱がすごい」と語り、またホルン奏者、遠藤正道役の田中要次、コントラバス奏者である吉村益雄役の六平直政らのコメントする表情も映しだされている。続く映像では、プロのオーケストラの先生から熱い指導を受け、真剣に練習に打ち込んできたキャスト陣が迫力満点にラヴェルの「ボレロ」を演奏するシーンが展開する。


1年以上にも及ぶ熱い努力を重ねたキャスト陣が演じるキャラクターたち。彼らはどのようなドラマを生むのか?練習の成果が披露される圧巻のラストシーンをぜひ劇場で見届けたい。

文/鈴木レイヤ

関連作品

  • 太陽とボレロ

    4.2
    978
    水谷豊監督×指揮者の西本智実が音楽監督を務めた、オーケストラが舞台の人間ドラマ