芦田愛菜、もうすぐ18歳!誕生日サプライズで、高橋恭平が「勉強法を教えてほしい」とアドバイス希望|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
芦田愛菜、もうすぐ18歳!誕生日サプライズで、高橋恭平が「勉強法を教えてほしい」とアドバイス希望

イベント 2022/6/19 15:04

芦田愛菜、もうすぐ18歳!誕生日サプライズで、高橋恭平が「勉強法を教えてほしい」とアドバイス希望

「文化庁メディア芸術祭 マンガ部門」など数々の漫画賞を受賞した鶴谷香央理の同名漫画を映画化した『メタモルフォーゼの縁側』(公開中)の公開記念舞台挨拶が6月19日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、芦田愛菜、宮本信子、高橋恭平(なにわ男子)、古川琴音、生田智子、汐谷友希、狩山俊輔監督が登壇。6月23日に18歳の誕生日を迎える芦田に、サプライズでケーキと登壇者陣から温かなメッセージが送られた。

『メタモルフォーゼの縁側』の公開記念舞台挨拶が開催された
『メタモルフォーゼの縁側』の公開記念舞台挨拶が開催された

周囲に馴染めず一人こっそりとBL(ボーイズ・ラブ)漫画を読むことを毎日の楽しみにしている17歳の女子高生の佐山うらら(芦田)と、夫に先立たれ孤独に暮らす75歳の老婦人の市野井雪(宮本)との、BLでつながる年の差58歳の友情と挑戦を描く本作。芦田は「この映画が、新しい風や、うららにとっての雪さんのような、ステキな出会いを呼んでくれるようなものになったらうれしい」と映画に込めた想いを語っていた。

芦田愛菜、サプライズのお祝いにびっくり!
芦田愛菜、サプライズのお祝いにびっくり!

この日は、間もなく新成人を迎える芦田を会場一体となってお祝いするひと幕があった。バースデーソングと共に本作特製のケーキが運び込まれると、芦田は「えー!ありがとうございます!私、本当に聞いていない!」と驚くことしきり。「すごい!ケーキが映画のポスターの絵になっています」と目を輝かせながらケーキを見つめ、何度も「うれしいです!」と口にするなど喜びをあふれさせた。

芦田にメッセージを送ることになると、狩山監督は「お忙しいとは思いますが、映画のなかのセリフに『ふらふらできる時にふらふらしておきな』というセリフがあります。そういう時はふらふらしてもいいんじゃないかと思います」と語りかけ、芦田は「ふらふらできる時はしようと思います」とにっこり。


また生田は「現役の高校生でもある愛菜ちゃん。高校生活もあと少しなので、お友だちとたくさん楽しい思い出を作っていただきたいです」と希望し、これには芦田が「友だちとはいつも、本当に他愛もない話ばかりしています。そういう話ができる友だちがいることがすごく幸せです」と打ち明けた。さらに生田が「制服デートとかしてほしいです。私はできなかったので、やっておけばよかったなと思う。ぜひやっていただきたい。協力します」と恋のアシストを約束すると、芦田は「あはは!ありがとうございます!」と笑顔を弾けさせていた。

勉強法が知りたいという高橋恭平
勉強法が知りたいという高橋恭平

「愛菜ちゃん、誕生日おめでとうございます」と切りだした高橋は、「僕がアドバイスするというよりも、アドバイスをいただきたい」とまさかのお願い。「僕は勉強がすごく苦手なので、いい勉強法があるなら教えていただきたい」とアドバイスを求めた。「ええ!」と目を丸くした芦田は、「私は口に出して覚えるのが好きです。セリフとかも口に出して覚えています」と告白。

高橋は「僕も家に帰って、口に出して覚えます」と意気込みつつ、自身の18歳のころについて「めちゃめちゃ寝ていました。勉強をやっておけばよかったなと思う」と後悔も吐露。「(芦田には)人生一度きりなので、悔いのないように過ごしていただきたい」とエールを送ると、芦田は「悔いのないように過ごします!」と宣言していた。

劇中で芦田と息の合ったやり取りを見せた宮本は、「なにも言うことがないくらいパーフェクト」と芦田の多才ぶりを絶賛し、「いまのままでずっと頑張って、時々はふらふらして。おめでとう」と優しくお祝いの言葉をかけた。「いますごく一生懸命に歩いているから、私はちょっと離れたところで愛菜さんを見ていきたいと思います」と続けると、芦田も「ありがとうございます」と感謝しきりだった。

取材・文/成田おり枝

関連作品