高橋李依、感涙!『からかい上手の高木さん』原作者・山本崇一朗から「高橋さんに演じてもらえて本当によかった」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
高橋李依、感涙!『からかい上手の高木さん』原作者・山本崇一朗から「高橋さんに演じてもらえて本当によかった」

イベント 2022/6/25 16:51

高橋李依、感涙!『からかい上手の高木さん』原作者・山本崇一朗から「高橋さんに演じてもらえて本当によかった」

劇場版『からかい上手の高木さん』の大ヒット御礼舞台挨拶が6月25日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、高橋李依、梶裕貴、大原ゆい子(主題歌アーティスト)が登壇。原作者の山本崇一朗から描き下ろしイラストとメッセージが届き、高橋が感激の涙を流した。

男子中学生の西片(梶)と、西片をからかう隣の席の高木さん(高橋)の日々を描く、山本によるコミックを原作としたアニメシリーズの劇場版。いよいよ中学3年生になった2人の、中学最後の夏休みを映しだす。登壇者陣がステージに姿を現すと上映後の会場からは大きな拍手が上がった。高橋が「いかがでしたか?」と呼びかけると映画の感動を伝えるかのような拍手はいつまでも鳴り止まず、メンバーも感激しきりだった。

【写真を見る】原作者の山本崇一朗から描き下ろしイラストを胸に、高橋李依が大粒の涙を流した
【写真を見る】原作者の山本崇一朗から描き下ろしイラストを胸に、高橋李依が大粒の涙を流した

この日は原作者の山本から描き下ろしイラストとメッセージが到着し、3人も驚きの表情。高橋は「西片の表情、めっちゃいい」と大喜びで、梶も「いい!うわあ、うれしい!」と目尻を下げた。さらにそれぞれにメッセージが送られたが、高橋に向けては「漫画には音はないので、もともとは高木さんや西片の声をそんなにイメージして描いていませんでした。初めて高橋さんが演じてくれた高木さんの声を聞いたのは、コミックスのCMだったと思います。キャラクターとして生き生きとしゃべっていると感じられて、もしもアニメになることがあるのなら、この人に演じてもらえたらなと思いました。そしていま、高木さんを高橋さんに演じてもらえて本当によかったと思っています」と感謝の言葉がつづられており、受け取った高橋は思わず感涙。「先生の原作ありきで、先生の原作をどのように表していこうかとみんなで頑張ってきてよかったですね!」と梶と顔を見合わせていた。

「生涯、西片宣言をしています」という梶裕貴
「生涯、西片宣言をしています」という梶裕貴

大原に対しては「大原さんに主題歌と挿入歌を作っていただけて、『高木さん』の世界観を優しく表現していただけてうれしく思います」とこちらも感謝が込められており、大原も「こちらこそです」としみじみ。「『高木さん』を通していろいろな経験をさせていただいた。これからも『高木さん』を胸に頑張っていきたい」と宣言していた。


そして梶については「西片という、どこにでもいるような男の子のようでとても難しい役を、自然にみんなに愛されるキャラクターに、梶さんだからこそ演じてもらえたのだと思っています。『西片役をライフワークに』と言っていただけてすごくうれしかったです」とメッセージ。「うれしい」と喜びをかみ締めた梶は、「生涯、西片宣言をしていますので。いつでも演じる準備はできています」と力強く語っていた。

大原ゆい子(主題歌アーティスト)も感激しきり
大原ゆい子(主題歌アーティスト)も感激しきり

また赤城博昭監督から「高木さんと西片が通う学校のモデルとなった中学校のプールは、実はもう存在していない」、「虫送りで西片と話していた『青木さん』は実在する」、「音響効果スタッフは、わざわざ小豆島まで出向いて川の音を録りに行っている」「脚本段階では『カツオ』は存在しなかった」など制作秘話が届けられるひと幕も。

梶は「“追い裏話”していいですか」と口火を切り、「小豆島には、たえちゃんという名物猫がいる。その猫ちゃんがいたからこそ、劇場版で猫の話がふくらんだ。オープニングで風が吹いた時に、高木さんが振り向く描写がある。監督は『すでにハナちゃんの声が聞こえていたのかも』とおっしゃっていた。あとオープニングの振り向く高木さんと、一番最後の(娘の)ちーが振り向くのは、同じ動きにされているそうです」と赤城監督から教えてもらったエピソードを披露。そのこだわりに高橋と大原は鳥肌が抑えられない様子で、「また観る!」と声を弾ませていた。

くす玉を割った
くす玉を割った

なんとも温かな舞台挨拶となったが、最後に梶は「アニメの制作スタッフの皆さんの作品に対する愛情や熱意を感じながら、時間をかけて作ってきて。3期、劇場版とこれだけステキなものを作り出してくださった。足を運んでくださる皆さんがアニメも原作も応援してくださったからこそ、ここまで辿り着けた。ステキな作品、西片と出会えてうれしいですし、改めて幸せに感じています」としみじみ。「ライフワークという話がありましたが、本当にいつかまた演じられる日がくると信じています。またシリーズでいつかお会いできたらと思います」と願いを込めた。

高橋は「ここで皆さんに気持ちをいっぱいお伝えしたい気持ちもありますが、伝えすぎてしまうと最後になってしまう感じがする。言葉を語り尽くさないように気をつけつつ」と胸の内を吐露。「これからもずっと高木さんの声を演じていけたらなと思っています。また皆さんとお会いできる日を楽しみに。これからも『高木さん』に触れた皆さんの心が温かいものになりますように」と語り、万雷の拍手を浴びていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品