最年少は14歳、最年長は72歳。応募作品520本から16作品が最終審査へ!「PFFアワード2022」入選作品が発表|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
最年少は14歳、最年長は72歳。応募作品520本から16作品が最終審査へ!「PFFアワード2022」入選作品が発表

映画ニュース 2022/7/2 11:00

最年少は14歳、最年長は72歳。応募作品520本から16作品が最終審査へ!「PFFアワード2022」入選作品が発表

1977年にスタートし、これまで黒沢清や塚本晋也、李相日といった国内外で活躍する映画監督を多数輩出してきた世界最大の自主映画コンペティション「PFFアワード」。このたび本年度の「PFFアワード2022」の入選作品16作品が発表された。

3月から約3か月間にわたり1次審査・2次審査が行われた「PFFアワード2022」。今年の応募作品数は520本。応募者の平均年齢は31.7歳で、最年少は14歳。最年長は72歳と幅広い。また作品の上映時間も、3分のショートフィルムから159分にも及ぶ力作まで幅広く、全体の平均は36.5分となっている。

【写真を見る】日本映画界の次代を担う才能がここから生まれる!PFFでのスクリーン上映の他、配信も決定(中里有希監督『水槽』)
【写真を見る】日本映画界の次代を担う才能がここから生まれる!PFFでのスクリーン上映の他、配信も決定(中里有希監督『水槽』)

1次審査では「1作品を4名が必ず最初から最後まで、1分1秒もらさず観る」というルールのもと、17名のセレクション・メンバーが全作品を手分けして鑑賞。その後1次通過作品を決定し、2次審査では1次通過作品すべてをセレクション・メンバー全員が鑑賞。丸2日に及んだ審査会議などの末、16本の入選作品が決定した。


入選作品は「第44回ぴあフィルムフェスティバル2022」9月の東京会場で2回スクリーン上映が行われ、9月22日(木)に行われる表彰式にてグランプリなどの各賞が最終審査員らによって発表される。また同フェスティバルの11月の京都会場でも1回のスクリーン上映を行う他、「DOKUSO映画館」「U-NEXT」での配信も行われる予定。

高階匠監督『石川君、行け!!』
高階匠監督『石川君、行け!!』

毎年注目が集まる最終審査員の顔ぶれなど、「第44回ぴあフィルムフェスティバル2022」の詳細は後日発表される。この機会に、日本映画界の未来を担う新たな才能に触れてみてはいかがだろうか。