小山薫堂による“お風呂エンタメ”『湯道』生田斗真&濱田岳&橋本環奈出演で2023年公開決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
小山薫堂による“お風呂エンタメ”『湯道』生田斗真&濱田岳&橋本環奈出演で2023年公開決定

映画ニュース 2022/8/5 5:00

小山薫堂による“お風呂エンタメ”『湯道』生田斗真&濱田岳&橋本環奈出演で2023年公開決定

『おくりびと』(08)の小山薫堂が企画、オリジナル脚本を担当する『湯道』が、生田斗真主演、濱田岳、橋本環奈の共演で2023年2月23日(木・祝)に公開することが決定。あわせて、生田、濱田、橋本、小山、監督の鈴木雅之からのコメントが到着した。

【写真を見る】京都の松竹撮影所に作られた「まるきん温泉」のセット
【写真を見る】京都の松竹撮影所に作られた「まるきん温泉」のセット[c]2023映画「湯道」製作委員会

「湯道」とは、2015年より小山が日本人ならではの習慣として疑いようのない「入浴」を伝統や精神を受け継がれていく「道」とし、「茶道」「華道」「書道」などと同様に、銭湯、温泉をはじめとした「お風呂」やその「湯」に向かう心の姿勢について深く考える事を提唱したもの。湯の道には歴史、伝統、そして“日本人の心”がある、というテーマをもとに「湯道」の家元である小山自身が映画化を企画し、“お風呂エンタメ”として作り上げた。

群像劇を得意とし、緻密に練られた演出が高く評価されている、「HERO」、「マスカレード」シリーズなどの鈴木が、本作では、“銭湯で働く人々”“銭湯へ通う人々”“湯に魅せられた人々”とお風呂を通じて交差する人間模様を写しだす。主演の生田が演じるのは、銭湯「まるきん温泉」を営む実家から飛びだすも、うだつが上がらず実家に舞い戻ってきた三浦史朗。実家の銭湯を兄の替わりに亡き父から引き継いだ弟、悟朗から、煙たがられつつも“お風呂の魅力”に魅入られていく。

また史朗と犬猿の仲である弟の三浦悟朗を演じるのは、数々のドラマや映画で活躍する濱田。本作では父の葬式にも顔を出さなかった史朗へ反発する弟を演じる。『予告犯』(15)以来二度目の共演にして、兄弟役を演じる生田と濱田の掛け合いは注目だ。そして、史朗と悟朗の実家である「まるきん温泉」で働く看板娘の秋山いづみを演じるのは、「銀魂」シリーズ、「キングダム」シリーズなど話題作への出演が続く橋本。ある事情を抱えつつも「まるきん温泉」で働く“銭湯女子”を、持ち前の可愛さと明るさで、ハツラツと演じている。

今回の撮影にあたり、京都の松竹撮影所には舞台となる銭湯「まるきん温泉」の巨大セットが組まれたという。本作の舞台の中心となる史朗と悟朗の銭湯「まるきん温泉」はもちろん、銭湯に通じる街並みの巨大セットを京都の松竹撮影所内に制作。本物の銭湯さながら、190坪を越える広さで、番台、浴室、天井、ボイラー室など、様々な所から壁を取り外して撮影ができるセットが完成した。

亡き父の遺した古びた銭湯「まるきん温泉」を巡って、反発し合う兄弟、事情を抱えつつ明るく働くヒロイン、まるで湯気のように立ち上がり、消えていく客たち、風呂の湯のように流れ流れていく様々な人間模様を描いた本作。お風呂のように心温まる笑いと涙で、日本を沸かせる『湯道』に期待が高まる!