南沙良、「ヒプノシスマイク」白膠木簓の推し活を告白!なにわ男子・大西流星も知られざる“裏の顔”を公開|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
南沙良、「ヒプノシスマイク」白膠木簓の推し活を告白!なにわ男子・大西流星も知られざる“裏の顔”を公開

イベント 2022/9/3 17:47

南沙良、「ヒプノシスマイク」白膠木簓の推し活を告白!なにわ男子・大西流星も知られざる“裏の顔”を公開

「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2017」の準グランプリ作品を映画化した『この子は邪悪』の公開記念舞台挨拶が9月3日に新宿バルト9で開催され、南沙良大西流星(なにわ男子)、渡辺さくら、片岡翔監督が登壇。それぞれが知られざる、“裏の顔”を告白した。

『この子は邪悪』の公開記念舞台挨拶が開催された
『この子は邪悪』の公開記念舞台挨拶が開催された

一家で交通事故に遭った家族に訪れる、恐ろしい出来事を描く本作。南が、主人公である心に傷を負った少女の窪花役、大西は主人公の幼なじみで心を通わせる四井純役を演じた。南は「先の展開がどうなるのかなと思いながら、ページをめくっていた」と台本を受け取った時の感想を語り、「映像になると不穏さ、緊張感が増していた。不穏感たっぷりでした」とコメント。大西も「めちゃくちゃゾクゾクした」と完成作を観てスリルを味わったという。

渡辺さくらのかわいらしいコメントに笑顔!
渡辺さくらのかわいらしいコメントに笑顔!

花の妹を演じた渡辺は、「お2人に優しくしてもらった」と南と大西への感謝を吐露。「沙良さんが大好きだったので、クランクアップの日に悲しくなっちゃって泣いてしまったんですけど、『また会えるからね』となぐさめてくれて。今日また会えたので、とてもうれしかったです」と笑顔を見せ、さらに「大西さんは、撮影の合間に私が暇そうにしていたら、『手遊びをする?』と声をかけてくれて。遊んでくれたので、とてもうれしかった」という。ずいずいずっころばしをしたそうで、大西は「盛り上げようと頑張っていました。緊張がほぐれていたらいいな」と懐かしそうに振り返っていた。

「テンション爆上げです」と意外な一面を明かした南沙良
「テンション爆上げです」と意外な一面を明かした南沙良

映画の内容にちなみ、この日は「仮面を取ると、実は私は⚪︎⚪︎なんです」と思うことを告白することになった。南は「仮面を取ると実は」と口火を切り、「テンションが高いです。推しがいて、推し活をしている時はアクティブになりますし、テンション爆上げですね」と意外な一面を明かした。大西は「あまり見たことがないので、信憑性ゼロですね」と話して南を笑わせていたが、司会を務めたフリーアナウンサーの青木源太から「推しが誰なのか」を聞かれた南は、「『ヒプノシスマイク』にいる、オオサカ・ディビジョン、どついたれ本舗の白膠木簓(ぬるでささら)というキャラクターがいるんですが、皆さんぜひ調べてみてください」と早口になって熱弁するなど、仮面の裏の顔をさっそく披露していた。


大西流星、キラキラ笑顔の裏側におっさんの素顔!?
大西流星、キラキラ笑顔の裏側におっさんの素顔!?

大西は「実はおっさんなんです」と回答。「いつもはアイドルとしてキラキラと輝けるように頑張っていますが、寝癖のまま、顔もむくんだまま、現場に入っちゃっう。メイクさんがその寝癖を必死に直してくれる。コンビニに行く時も半袖、半パンとかでずっと過ごしています」という。青木アナが「メンバーの皆さんは、その部分を見ているんですか?」と尋ねると、大西は「結構見ていると思います。世に出ないようにガードしてくれていると思います」と「なにわ男子」のメンバーに支えられている様子。

本作の出演について「なにわ男子」のメンバーも反応をくれたそうで、大西は「予告編が公開された時に、道枝駿佑が観てくれた。予告で流れている僕のセリフを全部覚えてくれて、披露してくれた。リアクションには困りましたが、すごい愛のあるメンバーやなと思いました。めちゃくちゃうれしかったです」と喜んでいた。

取材・文/成田おり枝

関連作品

  • この子は邪悪

    3.5
    802
    一家で大きな交通事故に遭い心に深い傷を抱える主人公を、南沙良が演じたミステリー