映画『バビロン』リリー・フランキーが「すごいもん観た」と熱く語るコメント映像が到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
映画『バビロン』リリー・フランキーが「すごいもん観た」と熱く語るコメント映像が到着

映画ニュース

映画『バビロン』リリー・フランキーが「すごいもん観た」と熱く語るコメント映像が到着

『ラ・ラ・ランド』(16)でアカデミー監督賞を史上最年少で受賞したデイミアン・チャゼルが、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビーほか豪華キャストを迎え、再びハリウッドを舞台に描く『バビロン』(2月10日公開)。本作より、リリー・フランキーが作品を熱く語るコメント映像が到着した。

ゴールデンエイジと呼ばれた1920年代ハリウッド、サイレント映画からトーキー映画へと移り変わる時代。富と名声、野心に彩られた映画業界で夢を叶えようとする男女の運命を描く。ピット、ロビーのほか、トビー・マグワイア、サマラ・ウィーヴィング、オリヴィア・ワイルド、キャサリン・ウォーターストン、新鋭ディエゴ・カルバ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストのフリーなど多彩なキャストが集結。また楽曲は、現在もCMで連日使用される『ラ・ラ・ランド』のあの名曲を作曲し、第89回アカデミー賞作曲賞、歌曲賞を受賞したジャスティン・ハーウィッツが担当する。

このたび一足早く本作を鑑賞したのは俳優、文筆家、画家など多岐にわたって活躍をつづけるリリー・フランキー。チャゼル監督作品は「毎回定点観測をしていた」というが、迷うことなく「今回の映画が一番好きですね」と断言。「もうこれで確実に巨匠になった。彼こそがアメリカンドリーム」とその才能を大絶賛するほど。キャストも皆すばらしかったと語り、「面白い話はだいたいブラピにいくんだな」「(自分は)女優じゃないのに(ロビーを)見ていてこうなりたいと思った」と、役者としてのジェラシーを感じさせる一幕も。

久しぶりに劇場で笑ったそうで「こういう映画にお金がかかっているのはとても感動しました。羨ましい」と、作り手として感じた映画製作環境の違いにも触れながら、「“バビロン”って言葉に、こんなに負けてない映像はない」と古代都市をモチーフに人間の営みのすべてが集中して威光を放ち、そこにまつわる“光と影”“栄枯盛衰”を象徴して題された本作のタイトルを全肯定している。


フランキーが「すごいもん観たいんだったらぜひ劇場に!」と太鼓判をおす映画『バビロン』。賞レース常連の監督、スタッフとメインキャストによる夢のエンターテイメントをぜひ全身で体験してほしい。

文/サンクレイオ翼

作品情報へ

関連作品

  • バビロン

    3.6
    3055
    無声映画からトーキーへの移行期のハリウッドを舞台に、映画業界で夢を叶えようとする男女を描く
    Amazon Prime Video U-NEXT Netflix