松山ケンイチ&長澤まさみ、初共演でも息ぴったり!「ケンちゃん」「まーちゃん」と呼び合い笑顔|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
松山ケンイチ&長澤まさみ、初共演でも息ぴったり!「ケンちゃん」「まーちゃん」と呼び合い笑顔

イベント

松山ケンイチ&長澤まさみ、初共演でも息ぴったり!「ケンちゃん」「まーちゃん」と呼び合い笑顔

映画『ロストケア』(3月24日公開)の完成披露舞台挨拶が2日、TOHO シネマズ六本木ヒルズにて開催され、主演の松山ケンイチ、共演の長澤まさみ鈴鹿央士戸田菜穂加藤菜津、監督の前田哲、原作者の葉真中顕が登壇した。

【写真を見る】ケンちゃん、まーちゃんと笑顔で呼び合う松山ケンイチと長澤まさみ
【写真を見る】ケンちゃん、まーちゃんと笑顔で呼び合う松山ケンイチと長澤まさみ

松山と長澤が初共演を果たし、連続殺人犯として逮捕された介護士と検事の対峙を描いた社会派サスペンス。松山は元介護士で連続殺人犯の斯波宗典を、長澤が検事の大友秀美を演じ、自分のしたのは「殺人」ではなく「救い」だと主張する斯波と、斯波の言葉に押され、揺れながらも正義を貫き通す大友がぶつかり合う。

観客からの質問に答える場面も
観客からの質問に答える場面も

上映後に行われた舞台挨拶で、松山は観客席で作品を初めて鑑賞したと明かした。「後ろから監視していました(笑)」と冗談混じりに話した松山は「みなさんの空気感のなかで作品を観れて感動できたし、とてもうれしかったです」と感謝。長澤は本作の感想を「どうしても職業柄、(最初に観るときは)自分反省会になってしまいます」と俯きつつ、「自分が出ていないシーンは初めて観るので、斯波とお父さんとのシーンなどはグッとくるものがありました。自分がいないところで、身につまされている思いみたいなものが描かれていて。この映画は観るべき映画、観て欲しい映画だと思いました」と強く語った。

撮影時の松山を細かく観察していた模様
撮影時の松山を細かく観察していた模様

鈴鹿は「心の奥底に訴えかけてくるものがあり、家族というものについて、自分だったらどうするかなど考えてしまいました」と言葉を選びながら語り、いずれ自分にも身近な問題としてやってくるものと強く言われたような気がしたと率直な感想を語った。「心に鉛を受け取ったような衝撃がありました」と話した戸田は、映画で描かれている問題は、ずっと前から日本にあると言われてきたものだからこそ、「考えるきっかけになってほしい」と願いを明かした。

二人の対峙シーンに注目!
二人の対峙シーンに注目!

10年前から前田監督とともに企画をあたためてきた松山は、映画で扱われている社会問題は「見たくないという風にはできなくなっています。未来のためにも見ないといけないもの。共有しなければいけない問題」とし、「家族やいろいろな方と共有し、知ってもらいたいと思います」と呼びかけた。普段から家族とよく話していると前置きした長澤は「将来の夢を語るのと同じように、老後のことを語るのも重要だと思います。家族や友達と言葉にしてディスカッションしていくことが重要。感じたことを伝えること、話すことが必要なのかなと感じました」と語った。


フォトセッションの様子
フォトセッションの様子

初共演の長澤と松山は、現場ではほとんど話をしなかったそう。長澤は「お芝居は相手、そして相手への信頼感が重要。斯波を松山さんが演じると聞いたときから、安心感がありました」と振り返り、「一緒にお仕事はしたことなかったけれど、自分なりに松山さんがどんな俳優なのかは感じているものがありました。俳優業って、言語化しなくても伝わるもの、化学変化やぶつかり合い、そのときにしか生まれない“生”のものがあります。そういうものを現場で日々積み重ねていくことができたので、(改めて言葉には知らなかったけれど)松山さんがいないと(私も)演じることができないと思いました」と熱く語ると、松山も「(僕の思いも)まーちゃんと一緒です」と即答。すると、長澤も満面の笑みを浮かべ「ケンちゃんもそうだった?」と仲良く呼び合っていた。

取材・文/タナカシノブ

作品情報へ

関連作品

  • ロストケア

    4.2
    2556
    松山ケンイチ×長澤まさみが“連続殺人犯”役と“検事”役で初共演となるサスペンス
    U-NEXT