『THE FIRST SLAM DUNK』最後のイベントに井上雄彦監督&湘北メンバーが降臨!「試合はまだまだ続いていく」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
『THE FIRST SLAM DUNK』最後のイベントに井上雄彦監督&湘北メンバーが降臨!「試合はまだまだ続いていく」

イベント

『THE FIRST SLAM DUNK』最後のイベントに井上雄彦監督&湘北メンバーが降臨!「試合はまだまだ続いていく」

2022年12月3日に公開され、8月13日までの約8か月で累計観客動員数1057万人、興行収入は日本歴代14位となる152億4300万円を記録している『THE FIRST SLAM DUNK』(公開中)。いよいよ8月31日(木)に終映を迎えることが決定した本作の、最後のイベントとなるトークイベント付き上映会「COURT SIDE in THEATER FINAL」が丸の内TOEIにて開催。湘北メンバーの声を務めた5名のキャストと原作・脚本・監督の井上雄彦が登壇した。

最初に舞台に上がったのは、宮城リョータ役の仲村宗悟、三井寿役の笠間淳、流川楓役の神尾晋一郎、桜木花道役の木村昴、赤木剛憲役の三宅健太の5名。公開256日間にも及ぶ異例のロングランについての心境を訊かれると、三宅は「こんなに長く上映しているのは初めてですし、応援してくださっている皆さんの熱意がこんなにも消えないというのは初めての経験」と感無量の面持ちで語る。

「『感動しました』というような声を聞くたびに緒を締め直さなきゃいけないなという気持ちです」という三宅の言葉を受け、仲村も「ここまでくるともう終わってほしくないですよね」と呼びかけ、笠間と神尾も「本当にそうだよね!」と同意。木村が「あの…終わらせません!」と宣言すると、笑いと共に大きな拍手が会場中に鳴り響いた。

【写真を見る】公開から256日の超ロングラン!興行収入は日本歴代14位の152億4300万円を突破
【写真を見る】公開から256日の超ロングラン!興行収入は日本歴代14位の152億4300万円を突破[c] I.T.PLANNING,INC. [c] 2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners

そして三宅が「8月31日で一度区切りですが、試合はまだまだ続いていますので、引き続き31日まで応援のほどよろしくお願いします!」と呼びかけると、神尾も「一緒に観戦する、共通の感覚を楽しむということを、残りの日数も沢山の方と存分に楽しんでいただければと思います」とコメント。各々が締めの挨拶をしていくなか、最後にマイクを取った仲村は「僕のスラムダンクはまだまだ続いていきます。だからこの言葉で締めさせてください。『行ってきます』」と、宮城リョータのセリフを披露した。

キャスト陣と入れ替わるように、井上監督が一人で登壇してトークイベントの第二幕がスタート。「公開前は少しでも良くしたいという気持ちでベストを尽くすことだけを考えていた。公開後には観てもらわないと存在価値もない。お客さんに観てもらって、その人のなかに届く、伝わった時にやっと完成するという気持ちなので、伝わってくれるといいなと思いながら過ごしてました」と公開前後の心境の変化について語る。


8月25日(火)からの“ラストゲーム”ではイベントの模様を上映!
8月25日(火)からの“ラストゲーム”ではイベントの模様を上映!

さらにMCからの「円盤(DVDやBlu-ray)は出ますか?」という質問に対して「出した方がいいですか?」といたずらっぽく問いかけ返し、「出さない人だと思ってるでしょ?そんなことないですよ」と笑みを浮かべる。そして「この映画は『スラムダンク』という名前のもう一本の樹です。マンガを描くときになにを大事にしていたかというと、ページをめくった先で驚いてほしい、ワクワクしてほしい、喜んでほしいという気持ちです。同じ気持ちで映画を作ってきました。伝わって完成すると言いましたが、段々完成しつつあるのかなという感じがしてます。本当にありがとうございます」と、ロングランを支えてくれたファンに向けて呼びかけていた。

“ラストゲーム”と称された8月25日(金)から8月31日(木)までの7日間には、この「COURT SIDE in THEATER FINAL」の模様を収録・編集した映像(20〜30分予定)付きの特別上映を、全国の上映劇場で実施予定。各劇場のホームページで詳細をチェックし、キャスト&監督の想いを受け止めたら、スクリーンで湘北メンバーの勇姿をその目に焼き付けよう!

文/久保田 和馬

作品情報へ

関連作品

  • THE FIRST SLAM DUNK

    4.6
    9480
    原作者、井上雄彦が監督・脚本を務める人気バスケットボール漫画の新作アニメ映画