宮沢りえが映画『月』出演の経緯を説明「逃げたくないという気持ちで参加した」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
宮沢りえが映画『月』出演の経緯を説明「逃げたくないという気持ちで参加した」

イベント

宮沢りえが映画『月』出演の経緯を説明「逃げたくないという気持ちで参加した」

1014日、新宿バルト9にて、映画『月』の公開記念舞台挨拶が行われ、宮沢りえ、磯村勇斗、二階堂ふみ、オダギリジョー、石井裕也監督が登壇した。

【写真を見る】こんな苦しい舞台挨拶も初めて」と石井裕也監督。オダギリジョー、磯村勇斗、宮沢りえ、二階堂ふみら登壇
【写真を見る】こんな苦しい舞台挨拶も初めて」と石井裕也監督。オダギリジョー、磯村勇斗、宮沢りえ、二階堂ふみら登壇

本作は、実際の障害者殺傷事件を題材にした辺見庸による同名小説を原作に、『茜色に焼かれる』(21)の石井裕也監督が映画化したもの。重度障害者施設で働き始めた元・作家の堂島洋子(宮沢りえ)が、職員による入所者への心ない扱いや暴力を目の当たりにし、それを訴えるが聞き入れてもらえず…。社会が、そして個人が問題に対して“見て見ぬふり”をしてきた現実を捉えた作品となっている。


本作に、ただならぬ覚悟で参加した出演者たち。宮沢は、出演に至った経緯について「(エグゼクティブプロデューサー、企画の)河村光庸さんが撮影直前にお亡くなりになられたんですけども、河村さんと最初にお会いしたときに、この映画についての熱意をうかがって。平和なのか、殺伐としたこの今の世の中。日本だけではなくて、この地球上でいろんなことが起きていて。生きていくために保身してしまう自分に対して、もどかしさがあったりして。この作品を通して、そのもどかしさを乗り越えたいという気持ちがすごく強くなって、内容的に賛否両論ある作品になるだろうなと思いましたけど、ここから逃げたくないという気持ちで参加しました」とコメント。

2022年6月に亡くなった河村光庸プロデューサーの熱意を受け取って出演
2022年6月に亡くなった河村光庸プロデューサーの熱意を受け取って出演

作品については「生きていくなかで見たくないものとか、聞きたくないこととか、触れたくないものがゴロゴロあって。そのフタを開けるということはすごく勇気やエネルギーがいることだし、そのフタを開けて、中にあるものと向き合ったとき、決してポジティブなものではないかもしれないけれど、そうした中から考えるきっかけ、話し合うきっかけになるような映画ではあってほしいですし、皆さんの記憶にベッタリこびりつく作品として広がっていってほしい」と、自身の想いを語った。

「試写を観たあと、誰かとこの作品について話し合いたい気持ちになれなかった」とオダギリジョー
「試写を観たあと、誰かとこの作品について話し合いたい気持ちになれなかった」とオダギリジョー

また、石井監督は「なんらかの理由で告発できない、声が上げられない、閉鎖された空間でいろんなことが起こり、それに対して隠ぺいするというのは、障害者施設だけの話ではない。むしろ、僕たちが暮らしている身近なところでの世界の話。自分たちの人生にもつながってくる話。そこを意識して書きました」と、脚本に込めた想いを語っていた。

「一番怖いのは、知ってはいるけど関心が薄れていってしまうこと」と二階堂ふみ
「一番怖いのは、知ってはいるけど関心が薄れていってしまうこと」と二階堂ふみ

世の理不尽に憤っている青年・さとくんを演じた磯村勇斗
世の理不尽に憤っている青年・さとくんを演じた磯村勇斗

取材・文/平井あゆみ

作品情報へ

関連作品

  • 4.1
    971
  • 茜色に焼かれる

    4.0
    314
    石井裕也監督が尾野真千子主演で時代に翻弄されながらも懸命に生きる母親の姿を描く
    Amazon Prime Video U-NEXT Hulu Netflix