アマヤ王妃役日本版声優は檀れい!『ウィッシュ』鹿賀丈史、蒼井翔太、岡本信彦、竹達彩奈らの出演が決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
アマヤ王妃役日本版声優は檀れい!『ウィッシュ』鹿賀丈史、蒼井翔太、岡本信彦、竹達彩奈らの出演が決定

映画ニュース

アマヤ王妃役日本版声優は檀れい!『ウィッシュ』鹿賀丈史、蒼井翔太、岡本信彦、竹達彩奈らの出演が決定

2023年に創立100周年を迎えたウォルト・ディズニー・カンパニーが贈るドラマティックミュージカル『ウィッシュ』(12月15日公開)。このたび、本作の日本版声優に檀れい、鹿賀丈史、蒼井翔太、岡本信彦、竹達彩奈らの出演が決定した。

【写真を見る】福山雅治が声を務めるマグニフィコ王(左)と檀れいが演じるアマヤ王妃(右)
【写真を見る】福山雅治が声を務めるマグニフィコ王(左)と檀れいが演じるアマヤ王妃(右)[c]2023 Disney. All Rights Reserved.

1923年にウォルト・ディズニーと彼の兄によって設立された、アニメーションスタジオ「ディズニー・ブラザーズ・カートゥーン・スタジオ」から始まったウォルト・ディズニー・カンパニー。世界初のフルカラー長編アニメーションとなる『白雪姫』(37)を誕生させてから、これまで61作品にも及ぶ長編アニメーション映画を世に送りだしてきた。本作では、新ヒロインの“アーシャ”を主人公に、ディズニーアニメーションの真髄といえる“願いの力”にまつわる物語を描いていく。

今回、主人公アーシャ(声:生田絵梨花)の良き理解者であり、マグニフィコ王(声:福山雅治)とともにロサス王国を治めるアマヤ王妃役の日本版声優を檀が務めることが決定。アマヤは、魔法の力でロサス王国の国民の願いを叶える偉大な王、マグニフィコ王とともに、この王国を建国した女性だ。常にロサスの国民のことを思い、主人公アーシャの良き理解者でもあるアマヤ王妃は、魔法使いでもあるマグニフィコ王の弟子にアーシャを推薦し、2人をひきあわせる重要な役どころとなっている。檀は「私にとってディズニーは憧れの世界であり、いつかお仕事したいと思っていました。本当に嬉しくて、嬉しくて、世界中に叫びたいぐらい嬉しかったのを覚えています」と喜びをコメント。アマヤ王妃については、「マグニフィコ王に寄り添い、また聡明であり、常に国民の幸せを願う、そんな女性です。でもそのなかにも、やはり王妃としての凛とした心の強さを持ちあわせている人だと思っています」と彼女の魅力を教えてくれた。さらに、100才の誕生日を迎える優しく愛にあふれたアーシャの祖父であるサビーノを鹿賀、アーシャの七人の友だちであるティーンズの面々を大平あひる、蒼井、青野紗穂、落合福嗣、岡本、宮里駿、竹達が演じる。

さらに日本版声優の解禁に加え、アーシャとティーンズが劇中で歌う楽曲「真実を掲げ」の特別映像もあわせて解禁となった。ロサス王国の国民はマグニフィコ王に魔法で願いを叶えてもらうため、自分たちの大切な“願い”を捧げてきたが、実はすべての“願い”は王様に支配されていたという衝撃の「真実」を一人知ってしまったアーシャ。この楽曲は、そんなアーシャがみんなの願いを取り戻すため、仲間に自身の決意を訴えかけ、ティーンズがともに立ち上がる、物語のなかでも重要なシーンで歌われる楽曲だ。アーシャ役の生田はじめ、ティーンズの日本版声優陣による力強いミュージカルナンバーにも注目してほしい。


長きにわたり”願いの力”を描き続けてきたディズニーの”原点”と”未来”の物語とはどのようなものなのだろうか?本作の公開に期待が高まる。

文/鈴木レイヤ

作品情報へ

関連作品

  • ウィッシュ

    4.0
    7769
    どんな願いも叶うと言われる国の隠された秘密を知った少女が敵と対峙するディズニー100周年記念作品
    Disney+