初恋の記憶をエモーショナルに映しだす『青春18×2 君へと続く道』ティザービジュアル&特報|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
初恋の記憶をエモーショナルに映しだす『青春18×2 君へと続く道』ティザービジュアル&特報

映画ニュース

初恋の記憶をエモーショナルに映しだす『青春18×2 君へと続く道』ティザービジュアル&特報

藤井道人監督最新作にして初の国際プロジェクト、日台合作映画『青春18×2 君へと続く道』が2024年5月に公開となる。本作より、ティザービジュアルと特報が解禁となった。

原作は、台湾で話題を呼んだジミー・ライの紀行エッセイ「青春18×2 日本慢車流浪記」。この物語にインスパイアされた国際的映画スター、チャン・チェンが映画化を企画、藤井道人が脚本、監督を務め、台湾の超人気スター俳優グレッグ・ハンと日本の若手実力派女優、清原果耶のダブル主演で、本プロジェクトが始動した。

このたび解禁となったのは、主人公2人が共に過ごした時間をエモーショナルに映しだすティザービジュアルと特報。始まりは18年前の台湾、高校生ジミー(ハン)のアルバイト先に現れた、日本から来た4つ年上のバックパッカーのアミ(清原)。ひと夏を同じ店で働き過ごすことになった2人だったが、ジミーはアミに淡い恋心を抱き、次第に2人の距離は縮まっていく。しかし、突然アミが日本へ帰ることに。気持ちの整理がつかないジミーに、アミは“一つの約束”を提案する。そして、18年の時が流れるのだった。

解禁されたティザービジュアルは、18歳のジミーと22歳のアミが電車に乗っている1シーンを、本作の撮影監督でもある今村圭佑が切り取ったもの。イヤホンで同じ音楽を聴きながら、2人はどんな想いを抱え、どこに向かっているのか。「私たち、どんな大人になるんだろう」というキャッチコピーからも、2人の表情からも、誰もが経験したことのある“初恋のもどかしさ”と“不安定な2人の未来”を感じさせるビジュアルとなっている。

そして、特報では、「あの時、想いを伝えていたら、未来は変わっていただろうか」という現在のジミーのせつない言葉から始まり、18年前の台湾での2人の出会い、過ごした時間、交わした約束をエモーショナルに映しだす。本作の音楽を担当する大間々昂がこの特報用に楽曲をアレンジ。その音楽の余韻とともに、最後に流すジミーとアミそれぞれの涙が、青春と呼ぶにはせつなすぎるストーリーを予感させる。


本作は、2023年3月から約2ヵ月かけて日本と台湾でオールロケを敢行。それぞれの土地のスタッフが参加し、国際色豊かな現場で撮影された。日本と台湾、国境と18年の時を超えてつながる初恋の記憶。『余命10年』のスタッフが贈る新たなラブストーリーの行方を、ぜひスクリーンで見届けてほしい。

文/サンクレイオ翼

“初恋の記憶”に涙がこぼれる『青春18×2 君へと続く道』特集【PR】
作品情報へ

関連作品