マ・ドンソクの進化したパンチに注目!『犯罪都市 NO WAY OUT』爽快アクションを捉えた本編映像|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
マ・ドンソクの進化したパンチに注目!『犯罪都市 NO WAY OUT』爽快アクションを捉えた本編映像

映画ニュース

マ・ドンソクの進化したパンチに注目!『犯罪都市 NO WAY OUT』爽快アクションを捉えた本編映像

韓国興行収入100億円を突破した、マ・ドンソク主演の人気シリーズ最新作『犯罪都市 NO WAY OUT』が、2月23日(金・祝)より公開される。今回、本作より街中の悪党たちに鉄拳制裁を浴びせる本編映像が到着した。

【写真を見る】ヴィラン役のイ・ジュニョクも「爽快」と語るマ・ドンソクのアクションが炸裂する
【写真を見る】ヴィラン役のイ・ジュニョクも「爽快」と語るマ・ドンソクのアクションが炸裂する[c]ABO Entertainment presents a BIGPUNCH PICTURES & HONG FILM & B.A. ENTERTAINMENT production world sales by K-MOVIE ENTERTAINMENT

本作は『新感染 ファイナル・エクスプレス』(16)で世界的にブレイクし、『エターナルズ』(21)でマーベルヒーローの一員となったドンソクが主演を務めるシリーズ第3弾。最新作では、ベトナムでの凶悪犯一斉検挙から7年後、ソウル広域捜査隊に異動した“怪物刑事”マ・ソクト(ドンソク)の活躍が描かれる。ソクトは新種薬物事件の背後で蠢く新たな強敵たちと戦うことになっていく。今年5月の韓国オープニング興収では、同時期公開の『ワイルド・スピード/ファイヤーブースト』(23)や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』(23)を押さえて第1位を記録。公開から約1ヵ月後には、前作『犯罪都市 THE ROUNDUP』(22)に続いて動員1000万人を突破し、興行収入は100億円を超えた。さらに、来年5月には、早くも第4作の韓国公開が予定されている。

このたび、新年を祝してドンソクが華麗なボクシングアクションを披露する本編映像が解禁。朝から道を塞いで騒ぎを起こす悪党たち。周囲は人だかりとなっているものの、誰も手だしできない状況に。そこへ、頼もしい背中の一人の男が現れる。彼こそがソウル広域捜査隊の“やりすぎ最強刑事”ソクトだ。通勤途中に騒ぎに遭遇したソクトは「朝からなんの騒ぎだ?」、「通り魔か?」と迷惑そうに問うも、悪党たちは「ぶっ殺される前にうせろ」と返すのみ。「通り魔かって」と動じないソクトの姿に痺れを切らした男が殴り掛かってくるが、それを華麗に交わし強烈なパンチをお見舞いする。ボクサーさながらのジャブと重い打撃で次々となぎ倒し、ついに一人の男が刃物を取りだすが、注意を逸らす技ありの一撃でノックアウトしてしまう。見事な一幕に周囲の人々同様、拍手を送りたくなるシーンとなっている。

これまでのシリーズでもたびたび披露されてきたソクト特有の“ワンパンチアクション”だが、本作ではより強化されグレードアップしている。ドンソクは最新作のアクションについて「2作目では一発で決着していたとすれば、今回はリズム感があって連打をするシーンが多いんです」と言及。今回解禁となった映像でもその進化が見受けられる。ヴィランの1人である“汚職刑事”チュ・ソンチョルを演じたイ・ジュニョクも「すごく爽快でした。巨大な拳が来ると威圧感があって刺激的でした」と絶賛している。


ドンソクのパンチアクションはどのような進化をとげているのだろうか?迫力のアクションを、ぜひスクリーンで体感してほしい。

文/鈴木レイヤ

作品情報へ

関連作品

  • 犯罪都市 NO WAY OUT

    4.0
    1210
    マ・ドンソク演じる型破りな刑事が犯罪組織と壮絶な戦いを繰り広げるクライムアクションシリーズ第3弾