古川琴音演じる主人公が血だらけに…!?『みなに幸あれ』の異様な雰囲気を醸しだす新場面写真が解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
古川琴音演じる主人公が血だらけに…!?『みなに幸あれ』の異様な雰囲気を醸しだす新場面写真が解禁

映画ニュース

古川琴音演じる主人公が血だらけに…!?『みなに幸あれ』の異様な雰囲気を醸しだす新場面写真が解禁

2021年にスタートした日本で唯一のホラージャンルに絞った一般公募フィルムコンペティション「日本ホラー映画大賞」の初大賞受賞作品をベースにした、下津優太監督の商業映画監督デビュー作『みなに幸あれ』が1月19日(金)に劇場公開される。いよいよ公開が明日に迫るなか、古川琴音演じる主人公が異様な様子で家族を見つめる姿を捉えた新場面写真が公開された。

古川にとっては初めてのホラー映画出演となった本作。メガホンをとるのは「日本ホラー映画大賞」で同名タイトルの短編映画が大賞を受賞した下津優太だ。商業映画監督デビューにして、早くも世界各国の映画祭で称賛を浴びており、いままでに観たことのない斬新な恐怖の世界を創り上げている。総合プロデュースは、日本ホラー映画界の重鎮、清水崇が務めた。

今回解禁されたのは、服や顔に血がつき、虚ろな表情で玄関に佇む主人公の姿。以前の朗らかな印象からはまるで別人になってしまったかのような、生気を失った様子にも見えるが、その佇まいからはこれまでとは違う強い覚悟や決意のようなものも感じ、さらによく見ると、その口元は少し微笑んでいるようにも見える…。

映画本編のクライマックスであるこのシーンの撮影について、下津監督は、具体的な指示を古川に出すことなく何度もリテイクを重ねた。それによって主人公が直面している狂気を最大限に引きだし、観客を震撼させる強烈なラストシーンを完成させた。

見て見ぬ振りをしてきた“幸せの本質”、その真意に追い込まれた先で主人公はなにを見つけるのか。いよいよ明日19日より全国公開となる本作。歴史を塗り替えるJホラーをぜひ劇場でご覧いただきたい。

文/山崎伸子

作品情報へ

関連作品

  • みなに幸あれ

    3.2
    437
    祖父母の家に何かがいるという違和感から始まる、日本ホラー映画大賞の大賞受賞作品
    U-NEXT