山田涼介、『サイレントラブ』で苦労したシーン告白するも浜辺美波「見てなかった…」2人のやり取りに会場爆笑|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
山田涼介、『サイレントラブ』で苦労したシーン告白するも浜辺美波「見てなかった…」2人のやり取りに会場爆笑

イベント

山田涼介、『サイレントラブ』で苦労したシーン告白するも浜辺美波「見てなかった…」2人のやり取りに会場爆笑

映画『サイレントラブ』の公開記念舞台挨拶が1月27日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、山田涼介浜辺美波野村周平古田新太内田英治監督が登壇した。

『サイレントラブ』の公開記念舞台挨拶が開催された
『サイレントラブ』の公開記念舞台挨拶が開催された

山田と浜辺が初共演を果たした本作は、内田監督がオリジナル脚本で描く物語。主人公となるのは、ある出来事をきっかけに声を発することをやめた蒼(山田)。目が不自由になり、夢が途絶えかけている音大生の美夏(浜辺)に心惹かれた蒼が、「ピアニストになるという君の、美しい夢を叶えたい」と願い、彼女とかげかえのない時間を過ごしながらも、運命の濁流に飲み込まれていく姿を描く。

声を発することをやめた蒼を演じた山田涼介
声を発することをやめた蒼を演じた山田涼介

山田は「僕らはこの『サイレントラブ』を温めてきた。いよいよ皆さまのもとに届くと思うとすごくうれしいです」と撮影から公開までの日々を振り返り、「ポスターを見て、いい意味で裏切られたと思います。どのように思ったのか、聞きたいです」と感想が気になっている様子。「最後のカットはツーパターン撮っていて。僕らには、どちらのパターンになるか僕らには伝えられていなかったので、完成作を観て『ああ、こっちのパターンになったんだ』と思いました」と語っていた。

ピアノの猛特訓にも励んだ浜辺美波
ピアノの猛特訓にも励んだ浜辺美波

また映画のタイトルにちなみ、それぞれが「サイレント=秘密にしてきたこと」を披露するひと幕も。山田は「映画のなかで、蒼はいっぱい働いていた。スクラップ工場で働いているシーンがあったと思う。そこで車を押しているシーンがあったんですが、僕が怪力なのか、車が軽すぎるのかわからないんですが、めちゃめちゃ軽くて、サーっと押せちゃうんですね」と告白。「いかにして重そうに見せるかみたいなのは、めちゃくちゃ苦労しました」と明かした。

浜辺美波、「そんなシーンありました…?」
浜辺美波、「そんなシーンありました…?」

すると浜辺は「見てなかった。そんなシーン、ありました…?」と語り、これには山田が「あるよ!あるよお…。(劇中の)あなたのために頑張って働いたんだ!必死こいて働いた。昼夜を問わず」と肩を落としながら抗議して、会場も大爆笑。山田は、重く見せるために「足を滑らせるとか、工夫はしました」と続け、「もう一回観ようね」と浜辺にツッコミ。浜辺は「はい」と素直に答えるなど、会場も2人の絶妙なやり取りに再び大笑いだった。


一方の浜辺は「『サイレントラブ』が、近年ではトップクラスに苦しかった思い出があって」と目が不自由な役でありつつ、ピアノの特訓も必要となった難役を演じるうえでは、かなり苦労もあったという。「地方ロケが多くて、関東近郊に行くことが多かった。むくむな、太るなと思いながらも毎回、帰りにファーストフード店に寄っていました。ちょっと田舎に行ったほうが、ポテトが揚げたてだったりする」と持論を展開。会場が笑いに包まれるなか、「毎日ご褒美をあげないと、耐えきれない時があって。(映画の編集など)つながりは大丈夫かなと思いながらやっていました。監督に対して、申し訳ないなと思っていました」と揚げたてのポテトを励みに、過酷な撮影を乗り切ったと話した。

野村周平もピアノにチャレンジしている
野村周平もピアノにチャレンジしている

山田が「周平とは同級生でもある」と話すと、野村も「山ちゃんとは、しゃべらなくてもわかり合える。しゃべらなくても大丈夫なくらい、仲がいい。浜辺ちゃんはだいぶ前に共演したことがあって、その時ぶりだった。気さくに話しかけると、気さくに返してくれるので、いいメンバーだった」と応じるなど、息の合った登壇者陣が笑顔でトークを繰り広げたこの日。山田は「撮影からこの日まで、僕たちは愛を持って育ててきましたが、ここからは皆さんの力で『サイレントラブ』をたくさんの方に届けていただけたら。皆さんの手で、心で、目で、『サイレントラブ』を温めていただけたら。愛を持って接してもらえたら」と願い、大きな拍手を浴びていた。

取材・文/成田おり枝

作品情報へ

関連作品

  • サイレントラブ

    4.0
    2724
    声を捨てた青年と、光を失った音大生が静かに思いを紡いでいくせつないラブストーリー