山田涼介と浜辺美波が語る、難役へのアプローチ方法「山田さんは頑張ってキラキラを消していました」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
山田涼介と浜辺美波が語る、難役へのアプローチ方法「山田さんは頑張ってキラキラを消していました」

インタビュー

山田涼介と浜辺美波が語る、難役へのアプローチ方法「山田さんは頑張ってキラキラを消していました」

『ミッドナイトスワン』(20)の内田英治監督が、自らオリジナル脚本を手掛け、久石譲が楽曲を書き下ろした映画『サイレントラブ』(1月26日公開)。過去のある出来事をきっかけに声を発するのをやめた青年、蒼(山田涼介)が、事故で目が不自由になったピアニスト志望の音大生、美夏(浜辺美波)と出会い、彼女の夢を叶えてあげることに希望を見出していく姿を描きだす。そんな本作で蒼と美夏に扮して初共演を果たした山田と浜辺が、特殊な芝居を求められた撮影現場のエピソードやお互いの印象を語った。

「キラキラしている山田さんが、頑張ってそのキラキラを消していたのが印象に残っています」(浜辺)

――本作は山田さんにとって初めての恋愛映画でしたが、台本を最初に読まれた時の感想から教えてください。

山田涼介(以下、山田)「まず最初に思ったのは、俺、これをどうやって演じればいいの?ってことでした(笑)。蒼の目線で読んでいったんですが、蒼の名前は台本に出てきてもセリフが一切ないので、大変そうだなあと思って。作品の意図はわりとストレートに入ってきたものの、このラブストーリーをみなさまにエンタメとして届けるにはどうしたらいいんだろう、ということも考えました。浜辺さんがどういう動きをするのか、どういう芝居をされるんだろうとか、相手役のことをこんなにたくさん想像したのも初めての経験だったかもしれないです」

浜辺美波(以下、浜辺)「私は苦しい物語だなと思いました。『この映画に出演します』とお返事をさせていただいてから、心の中に重たいものが一個あるみたいな感じでした。運命に翻弄されて、過酷な状況に巻き込まれていく展開だったので、覚悟が決まるまでは、すごく気が重かったですね」

声を発することをやめた青年・蒼と、目が不自由な音大生・美夏の切なすぎる物語
声を発することをやめた青年・蒼と、目が不自由な音大生・美夏の切なすぎる物語[c]2024「サイレントラブ」製作委員会

――言葉を発することをやめた蒼と視力を失った美夏に、どのように臨まれました?

山田「蒼は壮絶な過去と様々な十字架を背負いながら生きてきた、とても寂しい人だなという印象が僕の中にはあったので、最初はそのイメージで臨みました。そんな彼の人生観が美夏と出会って変わっていくのですが」

浜辺「映画は、美夏が事故で視力を失いかけている状態から始まりますが、その前から彼女はピアニストになることしか考えておらず、不器用な人だと思いました。友だちや家族に対する態度を見ても、すごく悩んでいるのが伝わってきましたし、バランスが取れていない印象があったので、なにかを貫くヒロインというよりは、年相応にアンバランスなところがある女性だなと思いながら演じました」

――お互いに、お相手の素の印象と役柄とのギャップはありましたか?

山田「浜辺さんは、撮影中はずっと美夏として現場にいてくれたので、役とご本人が乖離しているなと思うことはまったくなかったですね」

浜辺「ステージやテレビ番組ではキラキラしている山田さんが、メイクさんと一緒に顔を黒く汚したり、髭を伸ばしたりしながら、頑張ってそのキラキラを消していたのが印象に残っています。撮影が終わってメイクを落とした時に、『顔、白!』と思って驚きました(笑)」

華やかなイメージのある山田だが、本作では陰のある蒼を見事体現
華やかなイメージのある山田だが、本作では陰のある蒼を見事体現[c]2024「サイレントラブ」製作委員会


――現場では、お互いにどんな風に接していたんでしょうか。

山田「いや、ほとんど喋っていないですね。意識して距離をとっていたわけではなくて、自然とそうなっていった感じです。内田監督からなにか指示があった場合は、『ここをああする、こうする』っていう会話はもちろんあったけれど、本当にそれぐらいだったような気がします」

浜辺「現場も静かな場所を選んでくださっていたので、相手の話を聞くシーンなどの撮影の時も、同じ方向を向いてただ座っていることが多くて。監督とも要所要所で話すぐらいでした」

山田「本当に静かなラブストーリーなので、現場も活気あふれる、という感じではなくて。僕は少し年上ですけど、浜辺さんぐらいの年齢の方たちが集まるともう少しワチャワチャすると思うんですが、ずっと声量を上げない静かなトーンで撮影は進んでいきましたね。蒼の親友の圭介を演じた(吉村)界人たちと話すシーンでもそこは変わらなかった(笑)。熱くなって、ぶつかり合うシーンも『お互いに本気で』ってひと言だけ言って、端的に終わらせていた印象があります」

作品情報へ

関連作品

  • サイレントラブ

    4.0
    2740
    声を捨てた青年と、光を失った音大生が静かに思いを紡いでいくせつないラブストーリー