佐久間大介、マッチングアプリで出会ったカップルに質問攻め「すごいキュンキュンできる!」学生時代はバレンタインチョコ15個もらっていたと明かす|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
佐久間大介、マッチングアプリで出会ったカップルに質問攻め「すごいキュンキュンできる!」学生時代はバレンタインチョコ15個もらっていたと明かす

イベント

佐久間大介、マッチングアプリで出会ったカップルに質問攻め「すごいキュンキュンできる!」学生時代はバレンタインチョコ15個もらっていたと明かす

『ミッドナイトスワン』(20)の内田英治が原作・脚本・監督を務めるサスペンススリラー『マッチング』(2月23日公開)のトークイベント付きバレンタインデー特別試写会が2月14日に神楽座で開催され、土屋太鳳、佐久間大介(Snow Man)、金子ノブアキが出席した。

いまや出会いのツールの大本命となった“マッチングアプリ”を題材に、出会いの裏に仕掛けられた恐怖を完全オリジナルで描く本作。ウエディングプランナーとして仕事は充実しながらも恋愛音痴な主人公の輪花を土屋、輪花とアプリでマッチングする“狂気のストーカー”吐夢役を佐久間、輪花に想いを寄せるマッチングアプリ運営会社のプログラマー、影山役を金子が演じている。

“マッチングーポーズ”で笑顔を見せた土屋太鳳
“マッチングーポーズ”で笑顔を見せた土屋太鳳

バレンタイン当日とあって、バレンタインデーの思い出話に花を咲かせた3人。「クラスで友チョコをあげるのが流行った」と振り返った土屋は、「40個くらい一気に作る。冷蔵庫に入らないので、暖房を消してダウンを着て、作っていました」とにっこり。たくさんのチョコを冷やす場所は「玄関」だったそうで、「一番寒いのは玄関だったので、きれいに並べて冷やしていました。もちろんみんなが食べるチョコなので、きれいなところに置いて。玄関を大きな冷蔵庫として使っていました」と続けると、佐久間が「意外と太鳳ちゃんは、力技なんだよね」と大胆なアイデアに驚いていた。

佐久間大介、報道陣にもたっぷりサービス!
佐久間大介、報道陣にもたっぷりサービス!

佐久間は「学校で15個くらいもらっていた」と告白。「イケている男のテンションで言ってみました」とご満悦の表情を見せながら、「ちょっと面倒見のいい子たちがいて。面倒を見てもらいながらいただいていた。今朝は土屋家の皆さんからチョコレートをいただいた」と感謝していた。金子は「小学校に上がったくらいに、女の子たちがみんなで、クラスメイトの家をまわって配り歩いてくれたことがあった。そこで初めて『チョコをもらえるんだ』と意識しました」と鮮明に覚えていると語っていた。

金子ノブアキ、バレンタインの思い出を告白
金子ノブアキ、バレンタインの思い出を告白

“マッチングアプリ”をきっかけに出会ったカップルも招かれた上映会だったが、3人が会場からの質問に答えるひと幕もあった。「家族にいまの彼を紹介する時に『マッチングアプリで出会った』と正直に伝えるべきか迷っています」というお悩みには、佐久間と金子が「言っていい」と即答。佐久間は「大事なのは、“どこで出会ったか”ということよりも、“どういう人か”ということ。ちゃんと親に『この人はこういう人だよ』と紹介できるのであれば全然言ってもいい」とオススメし、土屋も「マッチングアプリで会おうが、普通に出会おうが、親御さんとしては、相手がどういう人かが心配。勇気を持ってぜひ!」と背中を押した。

佐久間大介、カップルの恋愛トークに大興奮!
佐久間大介、カップルの恋愛トークに大興奮!

カップルの男性は「お三方にそう言っていただいて、僕としても心強いです。頑張ります」とコメント。「イチャイチャするのやめてもらっていいですか!」「いいなぁ!」とカップルの仲のよい様子に興奮しきりだった佐久間は、「出会ったのはどれくらい前ですか?」「付き合ったのは?」とカップルを質問攻めにして会場も大笑い。付き合って3か月だと判明すると、佐久間は「ほやほやじゃん!一番楽しい時期!なにが気になって会ってみようと思ったの?キュンキュンする話、大好きなの!」とさらに追究し、男性が「居心地のよさを大事にしたいなと思っていた。そこが合った」と答えると、「すごいキュンキュンできる!すみません。すごい質問しちゃって」と大喜びだった。


また「出会いがありません。どうしたらいいですか?」との問いかけには、佐久間が「いま見ているところが狭いのかもしれない。もっと広げてみると、意外といろいろな人がいるんだなと思う。友だちの友だちや、会社のなかでも会っていない人がいたり、学校でもまだしゃべっていない人がいたり。視野を広げてみる」と回答。土屋は「自分の好きなものを探してみる。本が好きなら、本屋さんに行ってみる。もしかしたら目が合うかも…」と案を繰りだすと、金子が「本を取った、棚の向こうに相手がいたり!」と笑い、そのシチュエーションを実演した佐久間が「キュンです!」と続くなど、息ぴったりのアドバイスに終始、会場も大盛り上がりだった。

取材・文/成田おり枝

作品情報へ

関連作品

  • マッチング

    4.4
    7682
    マッチングアプリによって増えた出会いの裏にひそむ罠の恐怖を描くサスペンス・スリラー
    U-NEXT