友達でも恋人でもない男女の、絶妙な関係性が心地いい。『夜明けのすべて』松村北斗×上白石萌音にインタビュー|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
友達でも恋人でもない男女の、絶妙な関係性が心地いい。『夜明けのすべて』松村北斗×上白石萌音にインタビュー

インタビュー

友達でも恋人でもない男女の、絶妙な関係性が心地いい。『夜明けのすべて』松村北斗×上白石萌音にインタビュー

「そして、バトンは渡された」で2019年本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの同名小説を『ケイコ 目を澄ませて』(22)の三宅唱監督が、SixTONESの松村北斗上白石萌音を主演に迎えて映画化した『夜明けのすべて』(公開中)。本作は、電車などの混雑した乗り物や狭い室内に入れないというパニック障害を抱えた山添くんと、月に一度のPMS(月経前症候群)で自らの感情をコントロールできなくなる藤沢さんが互いに助け合い、周囲の人々の理解にも支えられながら、自身の生き方を見つめていくという物語。第74回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に正式出品が決定し、世界からも注目を集めている今作で、山添くんと藤沢さんに扮し、NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」以来となる再共演を果たした松村と上白石に、撮影現場でのエピソードやお互いの意外な共通点について語ってもらった。

現在公開中の 『夜明けのすべて』
現在公開中の 『夜明けのすべて』[c]瀬尾まいこ/2024「夜明けのすべて」製作委員会

「横並びで喋ることって、こんなにもラクでなんでも言い合えるものなんだ」(上白石)

――PMSやパニック障害を描いた今作を通じて、新たに学んだことはありますか?

松村「正直、僕自身のなかでもPMSやパニック障害に対する認識にかなりズレがあったというか…。わかったつもりになっていたけど、全然わかっていなかった。どんなものかはなんとなく伝わっていたとしても、実際にそういった症状で苦しんでいる人たちの思いや生活については、いろんな意味で誤解されている部分があるんじゃないかなと思いました」

上白石「私も、PMSやパニック障害という名称は知ってはいましたが、それぞれの症状に対するイメージは、一種類ずつしか持てていなかったような気がしています。でも、当然ながら人の数だけ症状にも幅があるんだということを、『夜明けのすべて』を通じて知ることができ、視野が広がりました。きっとそれは今回のテーマに限った話というわけではなくて、世の中のあらゆる物事に対しても、同じことが言えるんだろうなと思いました」

【写真を見る】「絶対“ラブ”の方向にいかないのが、あの2人のいいところ(笑)」松村北斗×上白石萌音が語る『夜明けのすべて』
【写真を見る】「絶対“ラブ”の方向にいかないのが、あの2人のいいところ(笑)」松村北斗×上白石萌音が語る『夜明けのすべて』撮影/河内彩

――世の中に対する見方や他者との向き合い方など、この作品から影響を受けたりしたことも…?

上白石「『同じ目線で、横並びで喋ることって、こんなにもラクでなんでも言い合えるものなんだ』と発見しました。藤沢さんと山添くんって、ほとんど向き合って喋っていないんですよ」

松村「実はそうなんですよね」

上白石「三宅監督も『2人が横並びでお互い顔も見ずに喋っている時間を大事にしたい』とおっしゃっていて。『あ、確かに~!』って思ったんです。人の話を聞くときはちゃんと目を合わせないと失礼になるような気がしていたんですが、必ずしも膝を突き合わせて話すことがベストとは限らなくて、場合によっては『うんうん』って相槌を打ちながら横並びで聞いているほうが、相手が話しやすいこともある。そういう意味では、『夜明けのすべて』から、『どうすれば他者とラクに一緒にいられるか』のヒントを学べる気もします」

松村「実際、“横並びの効用”みたいなものは、山添くんと藤沢さんだけでなく、あの時の僕ら自身にもあって。撮影機材のセッティングをしている時間は、監督も僕らと一緒にソファーでくつろぎながらずっと他愛もないことを喋っているような感じだったんですよ」

本編中でも常に横並びで話す姿が印象的な山添くん(松村北斗)と藤沢さん(上白石萌音)
本編中でも常に横並びで話す姿が印象的な山添くん(松村北斗)と藤沢さん(上白石萌音)[c]瀬尾まいこ/2024「夜明けのすべて」製作委員会

上白石「そうそう! 三宅さんが映画に映ってないのが本当に不思議に思えるほど、撮影期間中は3人でずっと一緒にいた気がしますね。真っ暗なロケバスの中で喋ったりしてね」

松村「ありましたね~。お互い、いまどんな態勢でいるかさえも見えないような暗闇で(笑)」

上白石「フフフ(笑)」

松村「でも、そういう会話を通じて『藤沢さんと山添くんもきっとこういうことだよね』って、なんとなく腑に落ちたところもあるんです。相手の顔色を窺うことなく、ただ近くにいるからこそ喋れるようなことも、実は沢山あるんじゃないかという気もしていて…」

上白石「私が藤沢さんと山添くんを見ていて『いいな』と思うのは、この2人はPMSやパニック障害を持っているからこそ、『このまま抱えっぱなしだと私自身が辛くなるから、溜めずに言わせてもらうわ』みたいに、ちょっと強気なスタンスで、お互いに言いたいことを言い合えるところ。自分の病と上手に付き合いながら、たくましく生きてるんですよね。相手を気遣うことも大切ですが、たまには自分の健康ために吐き出すことも必要なのかなって」

パニック障害とPMSを抱えた男女が、自身の生き方を見つめていく
パニック障害とPMSを抱えた男女が、自身の生き方を見つめていく[c]瀬尾まいこ/2024「夜明けのすべて」製作委員会


――上白石さんは、日記や文章を書くことでご自身の感情を吐き出すタイプですか?

上白石「そうですね。書きだすまではいかなくとも、『なぜ私はムカついてるのか』『なぜ怖いのか』と理詰めで考えていくと、『ああ、なるほどそうか』と納得できるようなケースも多いので。自分のなかで負の感情を噛み砕く作業は割とよくやりますね。『なんだ?このモヤモヤは!』って、湧き上がる感情から逃げずに立ち向かっていくタイプです(笑)」

――松村さんはどうですか?

松村「僕は、しんどいこととか、ネガティブなことが1回タンクにパンパンにならないと、いいことが訪れないと思っていて。 それこそ昔、空手をやっていた時に、練習しても練習しても全然上手くならないし、周りにもどんどん置いていかれた時期があったんです。それでもめげることなく続けていたら、ある日、周りを追い抜かすぐらい一気に伸びた。 その経験があるから、なにをやっても上手くいかない時は『いまは自分のタンクを貯めている最中なんだ』と思って諦めるんです」

上白石「上手くいかない時こそ、それを糧にしてるんですね」

松村「そう。しんどい時期を抜けたら、必ずどこかでポンって上がるから。逆に言えば、しんどいことは自分から探しにいっても必ずしも来るとは限らない。だから、辛いときこそ『タンクを貯めるチャンスが来ているんだ!』と思うようにしてます」

上白石「いつか明るい未来が来るように――」

松村「そうです。その代わり、1回ポンて上がったら、今度はまた新たなタンクの貯蔵が始まるんですけど、『きっとこうなんだろうな、人生は』と思って、毎日頑張ってます」

上白石「エライ!(拍手)」

『夜明けのすべて』メイキング写真
『夜明けのすべて』メイキング写真[c]瀬尾まいこ/2024「夜明けのすべて」製作委員会
作品情報へ

関連作品

  • 夜明けのすべて

    4.4
    3843
    生きづらさを感じながら社会生活を送る2人の物語を描く、瀬尾まいこの原作小説の映画化作品