「人類よ、ひれ伏せ。」が表すものとは?『猿の惑星/キングダム』日本版ポスター&特別映像|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
「人類よ、ひれ伏せ。」が表すものとは?『猿の惑星/キングダム』日本版ポスター&特別映像

映画ニュース

「人類よ、ひれ伏せ。」が表すものとは?『猿の惑星/キングダム』日本版ポスター&特別映像

不朽の名作「猿の惑星」シリーズ最新作『猿の惑星/キングダム』が5月10日(金)より公開される。このたび本作の日本版ポスターと特別映像が解禁された。

本作の舞台は、いまから300年後の世界。高い知能と言語を得た猿の暴君が絶対的な支配を目論み、巨大な帝国「キングダム」を築こうとする。その一方で人類はウィルスにより退化し、知能や言語だけでなく、文化、技術、社会性までも失い、まるで野生動物のような存在となっていた。これまで、作品のテーマとして様々な形で描かれてきた“共存”と“対立”だが、本作では猿と人間の共存をかけ、“猿&人間”VS“猿の独裁者”の新たなる衝突が圧倒的なスケールで描かれる。

メガホンをとったのは、「メイズ・ランナー」シリーズのウェス・ボール監督。また、『To Leslie トゥ・レスリー』(22)のオーウェン・ティーグが主人公ノアを演じ、ある秘密を握る人間の女性ノヴァ役にドラマシリーズ「ウィッチャー」のフレイヤ・アーランなど、注目の若手俳優が出演。若き猿ノアと秘密を握るノヴァとの出会いがこの世界に大きな影響をもたらす。

解禁されたのは、「人類よ、ひれ伏せ。」のコピーが一際強烈な印象を放つ日本版ポスター。武器を手に持ち、ノアとノヴァの前に大きく立ちはだかるプロキシマス・シーザーが映されたこのポスターからも、彼の持つ圧倒的な権力と強い意志を感じる。果たして彼らを待ち受けるのは、人間との共存か、それとも猿による完全支配なのか。全貌が少しずつ明らかになり、早くも映画ファンたちの期待度が上がるばかりの本作。猿と人間の共存は不可能なのか、そして進化は本当に彼らを選んだのか。最後に待ち受けるこの世界に隠された驚くべき真実とは?

同時に解禁された特別映像は、世界を支配し、人間を徹底的に排除しようと計画する独裁者プロキシマス・シーザーが、築かれてゆく自身の帝国を前に「なんて素晴らしい日だ」と放つシーンから始まる。さらに目の前にひざまずき忠誠を誓う猿たちにも、そのフレーズを何度も復唱させていく。その後、映しだされるのは、逃げ惑う人間を捕まえようとする猿たちの姿と、「人類に告ぐ。世界を支配するのは、猿だ」という言葉。立ち向かおうとする猿ノアと秘密を握る人間の女性ノヴァは、その圧倒的な力に立ち向かい、猿と人間の共存の世界を目指せるのか?本編を観て確かめていただきたい。


文/山崎伸子

惑星に隠された秘密に迫る!『猿の惑星/キングダム』特集【PR】
作品情報へ

関連作品