竹内力が猿の惑星を支配!?『猿の惑星/キングダム』プロキシマス・シーザーの日本版声優決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
竹内力が猿の惑星を支配!?『猿の惑星/キングダム』プロキシマス・シーザーの日本版声優決定

映画ニュース

竹内力が猿の惑星を支配!?『猿の惑星/キングダム』プロキシマス・シーザーの日本版声優決定

不朽の名作「猿の惑星」シリーズ最新作『猿の惑星/キングダム』(5月10日公開)。このたび、本作の日本版声優として竹内力の出演が決定した。

【写真を見る】出演に際し、竹内は敵役を演じた経験が豊富な自信ならではの想いを語った
【写真を見る】出演に際し、竹内は敵役を演じた経験が豊富な自信ならではの想いを語った[c]2024 20th Century Studios. All Rights Reserved.

『ゼルダの伝説』実写映画の監督にも抜擢されているウェス・ボールと、「アバター」シリーズを手掛けた最高峰のVFXスタジオWETAがタッグを組む本作。現在から300年後、支配者が人間から猿へと移り変わった衝撃的な世界を舞台に、猿と人間の“共存”か猿の“独裁”かをかけた「猿&人間」VS「猿」の新たなる衝突が描かれえる。

今回声優に決定した竹内が演じるのは、猿が支配権を握る世界で猿を統括し、キングダムを築こうとする冷酷な独裁者プロキシマス・シーザー。これまで数々の映画やドラマで圧倒的な存在感を放ち、さらに映画プロデューサーなど多方面で活躍をする竹内の演技に期待が高まる。

竹内は「敵役でお声がけいただいて光栄に思っています」と話し、「いろんな映画に敵役がいて、主役がたつわけで、敵役がいないとエンタテインメントにならない。準主役のつもりで楽しく演じさせていただきました」と敵役を演じた経験が豊富な竹内ならではの想いを語った。さらに、シーザーと自身の共通点については「彼のように支配をしたいという思いはないけれど、自分自身も長年会社を経営していて、みんなを引っ張っていくことが多いので、そういうところは似ているかな。自分の色を出しながら生きてきたから“俺は俺でありたい”“自分らしく”というのは人より強いと思います」とコメントしている。


完全新作として描かれる新たなる“猿の惑星”。猿と人間の共存は実現するのだろうか?惑星に隠された驚くべき真実と衝撃のラストをぜひ劇場で目撃してほしい。

文/鈴木レイヤ

惑星に隠された秘密に迫る!『猿の惑星/キングダム』特集【PR】
作品情報へ

関連作品