沢尻エリカも惚れ込んだ!ネコのつぶらな瞳にキュンキュン必至の予告編が完成|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2018/5/2 8:00

沢尻エリカも惚れ込んだ!ネコのつぶらな瞳にキュンキュン必至の予告編が完成

『猫は抱くもの』の予告編が到着!
『猫は抱くもの』の予告編が到着![c]2018「猫は抱くもの」製作委員会

沢尻エリカが『ヘルタースケルター』(12)以来6年ぶりに映画主演を務め、元アイドルのこじらせアラサー女性を演じる『猫は抱くもの』(6月23日公開)。このたび本作から、最強にキュンとくるシーンが連発する予告編が到着した。

本作は、思った通りの自分になれず投げやりな毎日を送る元アイドルの沙織と、自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいるネコの良男が、自分らしい生き方を見つけていく物語。いま最も注目を集めている若手演技派俳優・吉沢亮が、良男の擬人化した姿を演じることでも話題となっている。

このたび到着した予告映像では、アイドルとしてステージで踊ったり、粉まみれのままジャージ姿で歌ったり、坂を転げ落ちたりと、これまでどんな作品でも見たことのない沢尻エリカの姿が満載。さらに劇中で沢尻演じる沙織が所属するアイドルグループ「サニーズ」が歌う「ロマンス交差点」という軽快な楽曲が作品の世界を彩っていく。

また、こじらせた1人と1匹の妄想とリアルが入り混じる演出が見どころとなる本作では、実写のネコはもちろんのこと、演劇風のシーンやアニメーションなどの画期的な演出が登場。世界的人気を誇るあのブロードウェイミュージカルを彷彿とさせるネコたちの集会シーンはとくに必見だ。

生後6か月までブリーダーに育てられてきた良男
生後6か月までブリーダーに育てられてきた良男[c]2018「猫は抱くもの」製作委員会

ネコ好きから絶大な支持を集めた『グーグーだって猫である』(08)を手掛けた犬童一心監督が送る新たな“ネコ映画”決定版ともいえる本作。劇中に登場する良男を演じたロシアンブルーのネコは、撮影終了後に沢尻が引き取ったという心温まるエピソードも。

沢尻は良男の毛の色にちなみ“グリグリ”と呼んで、すっかり溺愛しているようで「新たな家族が増えてとても幸せな日々を過ごしています」とコメント。撮影中から深い愛情を育んできた1人と1匹が紡ぎ出すリアルな愛の眼差しに、ネコ好きはもちろんそうでない人でも心奪われること間違いなしだ。

文/久保田 和馬


関連作品

関連記事