夫婦で昆虫好き? エディ・レッドメインの“昆虫スーツ”が怖すぎる!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
夫婦で昆虫好き? エディ・レッドメインの“昆虫スーツ”が怖すぎる!

映画ニュース 2019/3/5 11:45

夫婦で昆虫好き? エディ・レッドメインの“昆虫スーツ”が怖すぎる!

シンプル好みのオスカー俳優エディ・レッドメインが、全身昆虫だらけのスーツ姿で登場し、怖すぎると話題になっている。

キャサリン妃も御用達のアレキサンダー・マックイーンが、ロンドンのオールド・ボンド・ストリートに旗艦店をオープンしたことを記念したディナーイベントが開催され、ナオミ・キャンベルやサルマ・ハエックらとともに、エディが妻のハンナを連れて同イベントに出席した。

ハンナはヘアを後ろでまとめ、トップスが黒、ボトムスが緑のレザードレスに黒いサンダルというシンプルな出で立ちだが、なんとエディが着ていた黒いスーツは全身昆虫だらけ。無数のカブトムシやクモ、コガネムシなどがシルバーでプリントされており、虫嫌いであれば着用は論外で、見るだけで卒倒しそうなデザインだ。

しかしハンナとのツーショット写真のエディは満面の笑みを浮かべており、ご満悦な様子。それもそのはずで、ハンナが昨年7月にエディとともにウィンブルドン選手権男子シングルス決勝戦を観戦した際に着ていたヴァレンティノの長袖のベージュ地のワンピースには、全身にピンク、緑、黒の蝶やクモ、クワガタチックな昆虫がプリントされていたことから「ハンナもエディも昆虫マニアなの?」といった驚きの声があがっていたからだ。

欧米諸国では、日本と比べてテントウ虫や蝶、クモなど昆虫柄の衣服や、昆虫をモチーフにしたジュエリーなどがポピュラーだが、さすがに全身昆虫スーツはかなりレアもの。予測通り、2人はかなりの昆虫マニアだったようだ。

NY在住/JUNKO