東山奈央「7SEEDS」にかける情熱を告白!高橋洋子は「残酷な天使のテーゼ」を生披露|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/3/23 14:10

東山奈央「7SEEDS」にかける情熱を告白!高橋洋子は「残酷な天使のテーゼ」を生披露

ステージイベント「NETFLIXアニメフェス スペシャルステージ ~ハシャげ、世界!~」が3月23日、東京ビッグサイトで開催中の「AnimeJapan 2019」にて行われ、6月より全世界配信される「7SEEDS」に出演する声優の東山奈央が「これを演じきれなかったら、なんのために声優になったんだろうと思わせるくらい。深く想いを伝えようとしているのを、役柄から感じる」と本作にかける並々ならぬ情熱を語った。

19年にNetflixで全世界に配信される最新作を中心に、豪華ゲスト陣を迎えて行われた本イベント。「ULTRAMAN」の木村良平、「7SEEDS」の東山奈央、福山潤、「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」の森田成一、折笠富美子が登壇した。テレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」で知られる歌手の高橋洋子は、「残酷な天使のテーゼ」「魂のルフラン」のオリジナルメドレーを生披露。「日本で愛されている『エヴァンゲリオン』が、Netflixで6月21日より世界配信されます。世界に届くことを心から祈っています」と語り、会場を大いに盛り上げた。

田村由美の人気SF漫画をアニメ化するのが「7SEEDS」。人類絶滅を回避するため、若く健康な人間を冷凍保存して世界に人類の種を残そうという壮大な計画「7SEEDS計画」に選ばれた若者たちの過酷な冒険を描く。岩清水ナツ役を演じる東山は「原作35巻を3日くらいで読破しました。先が気になりすぎて、読むことを止めるのがストレスになるほど」と原作にどハマりしたそうで、「先生、天才だな!」と原作者、田村の才能に驚くことしきり。青田嵐役の福山は「現場の休憩時間が漫画喫茶みたいになっている」とアフレコ現場でも、原作が大人気だと語っていた。

過酷な環境に飛び込む若者を演じている東山だが、「役者としては楽しいんですが、世界が滅亡した後の話。どう生きていくのかと、真っ青になりながらやっています」と演じるキャラクターに心を寄せ、「(ナツは)絶望と戦っている。これを演じきれなかったら、なんのために声優になったんだろうと思わせるくらい。深く想いを伝えようとしているのを、役柄から感じる」と並々ならぬ情熱を明かしていた。

また「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」の森田は、「先代の(星矢役の)古谷(徹)さんも、『聖闘士星矢』の時は必ず赤いTシャツを着ていらした。それを引き継いで、僕も星矢の時は赤いものを身に着けるようにしている」と気合い十分。「ULTRAMAN」の木村は「ヘビーで大人っぽい、社会派のストーリーになっています」とアピールしていた。

「ULTRAMAN」は4月1日(月)、「7SEEDS」は6月、「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」は7月19日(金)、「新世紀エヴァンゲリオン」は6月21日(金)より、Netflixにて全世界独占配信。

取材・文/成田 おり枝