伊藤健太郎「ヤバイぜ」と大興奮!『惡の華』原作者・押見修造からイラストのプレゼント|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/9/28 17:24

伊藤健太郎「ヤバイぜ」と大興奮!『惡の華』原作者・押見修造からイラストのプレゼント

思春期のもがきを体現した伊藤健太郎
思春期のもがきを体現した伊藤健太郎

押見修造の同名人気コミックを井口昇監督が実写映画化した『惡の華』(公開中)の公開記念舞台挨拶が9月28日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、伊藤健太郎、玉城ティナ、飯豊まりえ、秋田汐梨、井口監督、原作者の押見が登壇。サプライズで、押見からそれぞれのキャラクターの描き下ろし色紙がプレゼントされ、伊藤が「うわ!ヤバイぜ、これ」と大興奮。「すごい!自分の顔を原作者の先生に描いていただけるなんて光栄。部屋に飾ります!」とイラストに見入って、感激した。

『惡の華』の公開記念舞台挨拶が開催された
『惡の華』の公開記念舞台挨拶が開催された

鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描いた押見修造の自伝的コミックを映画化した本作。中学2年生の春日(伊藤)が、憧れのクラスメイト、佐伯(秋田)の体操着を盗み、そのことをきっかけにクラスの問題児、仲村(玉城)と悪夢のような主従関係を築いていく姿を描く。井口監督は「約8年ほど前に押見先生の原作を読んで、『こんなに自分の青春とシンクロする漫画はない。絶対に映像にしたい』と思った。押見先生に直接『映画化させてください』とお願いした」と運命的なものを感じたと明かし、「約8年の月日を経て、すばらしいキャストの皆さんと実現できた」と感無量の面持ちを見せた。

中学生役を演じた伊藤は、「大変な撮影になるだろうなと思った。やったことのない作品で、役柄でもあった。役者をやっていくうえでも、絶対に大きなものになるなと感じた」と新境地に挑んだ想いを口にし、「監督が8年間も温めてきた(企画だ)と、初めてお会いした時から熱いお話をしていた。それをやらせていただけるのが、すごくうれしかった」とワクワクしたと語る。

押見は「原作者としては本当にうれしい映画。全部わかってもらえたと思った」と完成作を大絶賛。「原作がお好きな方にぜひ観ていただきたい。僕はこれを中学生の時に観たかった。自分にとって大切な映画です。役者さんたちが、漫画の人物たちの血となり肉となり、存在を体現してくれた」と最大の賛辞を送っていた。

また、ポーランドのワルシャワで行われるファイブ・フレイバーズ映画祭への出品決定も発表となった。伊藤は「時代、性別、国、宗教的な違いがあっても、思春期の時に抱えることは同じ。共感してもらえる自信はある。違った捉え方、反応もあると思うので、その声が楽しみ」と期待を膨らませていた。

取材・文/成田 おり枝

関連作品

  • 惡の華

    4.2
    235
    テレビアニメや舞台化もされた押見修造の同名人気コミックを井口昇監督が実写映画化
    Amazon Prime Video Netflix